鳥取市保健所 > 感染症・疾病対策 > 相談業務、支援など > 感染性胃腸炎

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎による下痢便・おう吐物処理動画の公開

 ノロウイルス等による感染性胃腸炎の集団発生が(保育園や高齢者施設)などで多数報告されています。

 これらのウイルスは感染力が非常に強いため、便やおう吐物を適切に処理することが大切です。

 感染拡大防止対策のため、以下の動画を参考にしてください。(作成:鳥取県東部福祉保健事務所(旧鳥取保健所))

 

【高齢者編】高齢者施設における下痢・おう吐物処理の実際について

個人防護具着脱の基本

https://youtu.be/c-c-a-S9RHo

下痢をした時のオムツ交換

https://youtu.be/gbcLpumKnsg

食事中におう吐した時の対応

https://youtu.be/iurubuKeB08

トイレや洗面所でおう吐した時の対応

https://youtu.be/nM8zxnT5qx0

おう吐物処理の基本/靴底消毒の考え方と方法

https://youtu.be/TbCZVO4FX64

 

【乳幼児編】保育園における下痢・おう吐物処理の実際について 

個人防護具着脱の基本

https://youtu.be/J5sOZQxUx3U

下痢をした時のオムツ交換

https://youtu.be/PRnYz1DGuPs

食事中におう吐した時の対応

https://youtu.be/ri8km0g56dI

お昼寝中におう吐した時の対応

https://youtu.be/sddD63vZNiU

おう吐物処理の基本/靴底消毒の考え方と方法

https://youtu.be/TbCZVO4FX64

 

【製 作】 鳥取県東部福祉保健事務所(旧鳥取保健所)

【出 演】 鳥取県東部圏域感染制御地域支援ネットワーク

       鳥取市立賀露保育園の皆さま

【協 力】 鳥取市福祉保健部 健康・子育て推進局児童家庭課

【企 画】 鳥取県東部福祉保健事務所(旧鳥取保健所)

       鳥取県東部圏域感染制御地域支援ネットワーク

【公開日】 平成29年4月5日

 

 ノロウイルスについて 

 全国各地でノロウイルスによる集団感染が発生しています。

 この感染症は、一年を通じて発生は見られますが、冬場に多く発生する傾向があります。

 特に、高齢者施設をはじめ、保育園、学校などで発生した場合は、集団感染につながることがあるので、次のような注意が必要です。

◾患者の嘔吐物や便を処理する時は、使い捨てのマスクや手袋を使用し、ウイルスが飛び散らないように、ペーパータオル等で静かに拭き取りましょう。

◾拭き取りに使用したペーパータオル等は、次亜塩素酸ナトリウム液に5~10分間浸けた後に処分しましょう。

◾手洗いを確実に行いましょう(外出先から帰った後、トイレの後、調理や食事の前)。

◾食品は必ず加熱調理しましょう(85度以上、1分以上)。

※ 詳細は次のリンクをご覧ください。

 

リンクリスト

 感染性胃腸炎について (鳥取県福祉保健部健康政策課のホームページ)

 ノロウイルス感染症 (国立感染症研究所感染症情報センターのホームページ) 

  ノロウイルスに関するQ&A (厚生労働省のホームページ) 

 

ダウンロード

このページに対するアンケートにお答えください

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 健康支援課 感染症・疾病対策係
TEL:(0857)22-5694
FAX:(0857)22-5669
メール:kenko-support@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)