鳥取市保健所 > 環境衛生 > PCB廃棄物関係 > PCB廃棄物とは

PCB廃棄物とは

 PCB特別措置法により規制の対象となるPCB廃棄物とは、PCB、PCBを含む油又はPCBが塗布され、染み込み、付着し、若しくは封入されたものが廃棄物となったものとされています。

 

PCB廃棄物は大きく分けて2種類に分類されます。

<PCBの分類>

PCB廃棄物

高濃度PCB廃棄物

<定義>

 PCB濃度が0.5%(5000ppm)を超えるもの

<概要>

・製造時にPCBを使用したもの及びPCBに汚染されたもの

・機器銘板情報及び製造年で判別

<処分先>

 中間貯蔵・環境安全事業(株)(JESCO)

 鳥取市内のものはJESCO北九州PCB処理事業所

<処分期間>

 トランス・コンデンサ類:平成30年3月31日

 安定器等:平成33年3月31日

低濃度PCB廃棄物

<定義>

 PCB濃度が0.5%(5000ppm)以下のもの

<概要>

 (1)微量PCB汚染廃電気機器

  ・製造時にはPCBを使用していない機器

  ・基本的にはPCB濃度分析で判別し、0.5mg/kgを超えるもの

 (2)PCBに汚染されたもの(低濃度)

<処分先>

国の無害化処理認定施設等

<処分期間>

平成39年3月31日

 

<廃棄物区分及び廃棄物の例>

区分

基準

具体例

廃PCB等

 ・廃PCB

 ・PCBを含む油

※特段の規定なし

 ・機器などに使用された廃PCB油

 ・PCBを含む絶縁油、熱媒体など

PCB汚染物

 PCBが塗布され、染み込み、付着し、若しくは封入された次のもの。

 ・紙くず

 ・木くず

 ・繊維くず

 ・廃プラスチック類

 ・金属くず

 ・陶磁器くず

 ・がれき類

 ・汚泥

※特段の規定なし

・使用を終えたPCB使用トランス、コンデンサ、その他機器(リアクトル、放電コイル、サージアブソーバー、計器用変成器、開閉器、遮断機及び整流器等)

・安定器、感圧複写紙、ウエス、汚泥等

PCB処理物

 

 ・廃油

 ・廃酸、廃アルカリ

 ・廃プラスチック類

 ・金属くず

 ・陶磁器くず

 ・その他

以下の基準に適合しないもの

・0.5mg/kg以下(含有量)

・0.03mg/L以下(含有量)

・付着・封入がないこと

・付着がないこと

・0.003mg/L以下(溶出量)

・処理後の残渣

 (処理済油、炭化物、固形物、液状物、等)

 

【PCB廃棄物の種類(例)】

  

 

高圧トランス

 トランス内はPCB油とトリクロロベンゼンの混合液で満たされており、例えば50KVAの場合で約115kgのPCBが入っている。

高圧コンデンサ

 コンデンサ内はPCB油で満たされており、例えば100KVAの場合で約35kgのPCBが入っている。

安定器

 蛍光灯の安定器にも低圧コンデンサが使用されており、内部の巻紙の隙間に少量のPCB油が含浸されている。

 昭和47年8月以前に製造された業務用のものでは数十g程度のPCBが入っているものもある。

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

このページに関するお問い合わせ先

環境局 環境・循環推進課
TEL:0857-20-3670
FAX:0857-20-3687
メール:kankyojunkan@city.tottori.lg.jp