このページではJavaScriptを使用しています。

~「いつまでも暮らしたい、誰もが暮らしたくなる、

   自信と誇り・夢と希望に満ちた鳥取市」の実現をめざして~

        -2期目の取り組み方針について-


 

 

                                  鳥取市長 深 澤 義 彦 

 

4月1日に中核市『鳥取市』が誕生し、新たな『鳥取市』がスタートしました。

「3つの政策の柱」、「具体的な施策」等を下記のとおり掲げ、これからの4年間で、市民に身近なサービスがより充実した、これまでより暮らしやすい魅力と活力のあるまちへと飛躍させていくとともに、「地方創生」を推進し「地域共生社会」を実現します。

 

                     記

 

市長公約の概要

 1 まちづくりの理念

   「鳥取市を飛躍させる、発展させる」

 2 政策の柱

 (1)次世代の鳥取市を担う「ひとづくり」

 (2)誰もが活躍できる「しごとづくり」

 (3)にぎわいにあふれ安心して暮らせる「まちづくり」

 3 目指すべき方向性

   「地方創生」を推進し、「地域共生社会」を実現する。

 

 

 

具体的な施策

1 次世代の鳥取市を担う「ひとづくり」

(1)教育の充実・郷土愛の醸成

  ・小中学校全教室へのエアコン整備など教育環境を充実します。

  ・「文化芸術の薫り高いまちづくり」に取り組みます。

(2)結婚・出産・子育て支援

  ・子育てプロジェクトを推進し、出生数2000人をめざします。

  ・安心して出産、子育てのできる教育環境を整備します。

  ・乳幼児から18歳未満までの子どもに係る切れ目のない発達支援の強化・推進を図ります。

  ・「婚活サポートセンター」を強化し、結婚希望者を支援します。

  ・「男女共同参画都市とっとり」を実現します。

  ・「地域食堂」の支援などにより、子どもや高齢者、障がいのある方などの

   居場所の提供を行います。

  ・人権福祉センターで行っている相談支援事業の充実を図ります。

 

2 誰もが活躍できる「しごとづくり」

(1)地域経済の再生と産業の底上げ

  ・商工会議所、商工会との連携を強化し、地元中小企業の振興策を強力に展開します。

  ・起業・事業承継・事業規模拡大を支援します。

  ・「地域商社とっとり」と連携し、農水産物や食品加工品の販売拡大と加工・流通の

   合理化をめざします。

  ・「6次産業化ネットワークシステム」の構築などにより農林水産業の振興を図ります。

  ・輸出入の促進、大型客船誘致など鳥取港の振興を図ります。

2)人材の確保と育成強化

  ・農林水産業の担い手育成を図るため、集落営農や企業の参入を推し進めます。

  ・市内中小製造業の強化を図るため、従業員の賃金などの処遇改善を行う企業に対し

   支援を行います。

  ・地元で働く人を対象に「奨学金返済支援制度」を創設するなど、人材育成・確保を推進します。

 

3 にぎわいにあふれ安心して暮らせる「まちづくり」

(1)定住人口と交流人口の拡大

  ・「ふるさと・いなか回帰」を促進します。

  ・砂の美術館を核として、DMO「麒麟のまち観光局」と連携した広域観光を推進し、

   国内外からの入込客数320万人を実現します。

  ・「麒麟獅子舞」を活用し伝統芸能・伝統行事の保存・継承、観光振興を図ります。

  ・鳥取市のブランドスローガン「SQのあるまち 鳥取市」の推進を官民連携して取り組み、

   鳥取市の都市力向上を図ります。

  ・東京便6便化など利便性の高い公共交通の確保により観光客の増加を図ります。

  ・シティセールスの推進とシティプライドの高揚により、鳥取市のブランドイメージ向上を

   図ります。

(2)住み良い環境づくり

  ・「地域包括ケアシステム」を充実します。

  ・親子で憩える広場や文化芸術機能を充実し、「歩いて楽しい中心市街地」をつくります。

  ・「地域生活拠点」の整備、「地域運営組織」の立ち上げ支援に取り組みます。

  ・「まちづくり協議会」との連携を強化し、活動支援を行います。

  ・誰もが住みやすい多文化共生社会のまちづくりを行います。

  ・新本庁舎に「市民防災センター」を設置し、市民防災力の強化に取り組みます。

  ・防災行政無線に加え、コミュニティFMやCATVを活用するとともに、

   「防災ラジオ」の普及促進を図り、防災情報の発信力を強化します。

  ・「地域コミュニティ除雪活動支援事業」など、雪害対策の支援強化に取り組みます。

  ・消防団、自主防災会の活動に対し支援を充実し、地域防災力の強化に取り組みます。

  ・現本庁舎跡地の将来像について、市民のみなさんとともに検討を始めます。

  ・中核市のエントランスにふさわしい駅前の再整備を検討します。

  ・リノベーションによる遊休不動産の活用を促進します。

  ・「山陰新幹線」の実現に向け、取り組みを継続します。

  ・強固な財政基盤により、堅実な行政運営を行います。

  ・駅南庁舎に「福祉総合相談窓口」を設け、「すべての市民の福祉の総合拠点」をつくります。

  ・「因幡・但馬麒麟のまち連携中枢都市圏」において、活性化策を行い、鳥取市を元気にします。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
企画推進部 政策企画課
電話0857-20-3153
FAX0857-21-1594
メールアドレスkikaku@city.tottori.lg.jp