このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市新本庁舎新築工事現場見学会を開催しました!

平成30年6月2日に、鳥取市新本庁舎新築工事の現場見学会を開催しました。

 

新本庁舎は、地震の際にも庁舎機能が継続できるよう建物基礎に免震装置を設置する設計となっています。

この免震装置は、地下に設置するもので建物完成後は見ていただくことが難しくなるため、設置工事に合わせて、市民の皆さんにご覧いただけるよう現場見学会を企画しました。

 

午前は親子対象の見学会、午後は一般対象の見学会を開催し、約50人にご参加いただきました。

当日は好天に恵まれ、参加者の皆さんは、免震装置に触れたり工事用重機に試乗したりと、思い思いに工事現場を見学されました。

また、当日は国内では数台しかない免震体験車も準備し、参加者の皆さんに阪神淡路大震災や東日本大震災と同程度の揺れで、免震装置が働くとどれくらい揺れが軽減されるかを体験していただきました。

 

参加者からは、「免震装置の働きをよく理解できた」、「新本庁舎の完成が楽しみになった」といったお声をいただきました。

今後も工事の安全に気を付けながら、平成31年秋の開庁に向け、新本庁舎の整備を進めていきます。

 

当日の様子

東洋・大和・やまこう・懸樋JVの此本(このもと)現場事務所長から工事内容などについて説明いただきました

 

実際に設置された免震装置を見学する参加者

免震装置のひとつ「積層ゴム支承」のゴムを触ってみよう!

 

高所作業車の作業床がどこまで上がるのか体験!

免震体験車で免震装置の働きを体感!

暑いなかご参加いただきありがとうございました!

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
庁舎整備局 庁舎整備局
電話0857-20-3012
FAX0857-20-3029
メールアドレスchoshaseibi@city.tottori.lg.jp