鳥取市保健所 > 感染症・疾病対策 > 全国で風しんが流行しています

全国で風しんが流行しています

全国で風しんが流行しています。関東地方を中心に、愛知県、大阪府、福岡県等で患者報告数が多くなっており、特に30代~50代の男性が多くみられています。

国内の発生状況(国立感染症研究所)

 

風しんは妊娠初期に感染すると、赤ちゃんに難聴や心疾患などの障がい(先天性風しん症候群)が起こる可能性があります。

 

特に、妊婦への感染を防止するため、次に該当する方は、風しんの予防接種を受けることをご検討ください。

・30代から50代の男性

・妊婦の夫、子ども及びその同居家族

・10代後半から40代の女性(特に妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方)

 *風しんの抗体価検査や予防接種についてはこちらをご覧ください。

 

また、県外や海外などへ行かれた方で、発熱・発疹など風しんが疑われる症状がある方は、事前に医療機関へ連絡をした上で、早めに受診してください。

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 健康支援課
TEL:0857-22-5691
FAX:0857-22-5669
メール:kenko-support@city.tottori.lg.jp