このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市議会議員選挙について

  私たちの声を市政に反映させるための大切な選挙です。

  貴重な一票を大切にして皆さんそろって投票しましょう!

 

≪ 鳥取市議会議員選挙 ≫

 

  投 票 日   平成30年11月18日(日)

 

  投票時間   午前7時 ~ 午後8時

 

 

※ 一部の投票所では、投票所閉鎖時刻が繰上げされます。

  投票所入場券に投票日時が記載されていますので、ご確認ください

 

 

  投票についての詳しい時間・場所は、下記よりご確認いただけます。

 

      投票区・投票所一覧

 

      ●投票時間(PDF: 111KB)

 

 

投票所の変更

 

 変更のある投票所】

 〔変更前〕気高町コミュニティセンター ⇒ 〔変更後〕気高町総合支所

 〔変更前〕プラザ佐治記念ホール    ⇒ 〔変更後〕佐治町コミュニティセンター

 

 

投票できる人は

 

 次のとおり選挙人名簿に登録されている人です。

 

 平成12年11月19日以前に生まれ、平成30年11月10日現在で3ヶ月以上鳥取市に居住している人(平成30年8月10日以前に転入届をした人)。
  

 

 市外に転出した人


 平成30年11月17日までに本市から他の市町村に転出した人は投票できません。

 ただし、期日前投票をした後に他の市町村に転出した方の投票は有効です。


 

 市内で転居した人


 鳥取市の選挙人名簿に登録されている人で、平成30年10月29日までに鳥取市内で転居の届出をされた人は、新住所地の投票所で投票ができます。
 平成30年10月30日以降に転居の届出をされた人は、旧住所地の投票所での投票になります。

 

 

投票所入場券はハガキで郵送します

 

 投票所入場券は、三つ折りに圧着されたハガキ一枚に4人分が印刷されています。

 ハガキを開いて、中面にある自分の名前が印刷されている入場券をミシン目で切り離して投票所へ持参してください。

 なお、入場券が届かなかったり、紛失された場合などでも、選挙人名簿に登録されている人は投票できます。投票所で係員に申し出てください。

 この場合、本人確認のため、口頭でお尋ねしたり身分証明書等の提示をお願いすることがございますのでご了承ください。
 

 また、入場券の裏面を期日前投票宣誓書にしています。期日前投票にお越しの際は、事前に記入してお持ちいただくと受付がスムーズになります。

 

        

 

 

代理投票・点字投票について

 

 心身に障がいがあるなどの理由により自書ができない場合には、係員が代筆(代理投票)します。また、目に障がいがある人は点字による投票もできます。

 投票所で係員に申し出てください。 

※代理投票は、選挙人に代わって、係員が投票所内で選挙人の意思を確認して投票用紙に候補者名等を記載するものです。したがって、家族の方などは代理で記載することはできませんのでご注意ください。

 

 

期日前投票について

 

 投票日に仕事・旅行・歩行困難などで投票所に行けない人は、期日前投票ができます。
 投票所入場券が届いている場合は、ご持参ください。入場券の裏面が宣誓書になっていますので、記入してご持参いただきますと、受付がスムーズになります。

 ※法令の規定により、投票当日に投票所に行くことができないと見込まれる理由を記入した宣誓書の提出が必要です。
 宣誓書は、下記より印刷していただいても結構です。

 

   【期日前投票宣誓書】(PDF:148KB) ← 期日前投票をされる方用

 

期日前投票の場所・日時

 

施設名

投票期間

時 間

 鳥取市福祉文化会館

 11月12日(月)

 

  ~11月17日(土)

 8時30分~20時

 国府町総合支所

 福部町総合支所

 河原町総合支所

 用瀬地区保健センター

 佐治町コミュニティセンター

 気高町総合支所

 鹿野町総合支所

 青谷町総合支所

 イオンモール鳥取北 2階

 11月12日(月)

 ~11月17日(土)

 10時~20時

 ※11月17日のみ

        19時まで

 鳥取大学

(広報センター)

 11月13日(火)

 10時~18時

 公立鳥取環境大学

(学生センター2階)

 11月14日(水)

 10時~18時

 なお、鳥取市にお住まいで、選挙期日には満18歳になる方でも、投票する日に17歳の方は、期日前投票ではなく、不在者投票による投票となります。 

  

不在者投票について

 

 ●病院・施設等での不在者投票

 

不在者投票の指定を受けている病院、老人ホームなどの施設に入院、入所している人は、その施設で不在者投票をすることができます。詳しくはそれぞれの施設に問い合わせてください。

 

     リンク ⇒ 病院・施設等での不在者投票

 

 

 

 ●滞在地での不在者投票

 

出張や旅行などで市外に滞在していて投票所に行けない場合は、滞在地の選挙管理委員会で不在者投票ができます(期日前投票と同じ期間)。
 この場合、早めに鳥取市選挙管理委員会へ投票用紙などの請求をしてください(告示前でも可)。

また、滞在地で投票された不在者投票を、その選挙管理委員会から鳥取市選挙管理委員会へ郵送するには日数を要しますので、お手元に投票用紙等が届き次第なるべく早めに最寄りの市区町村選挙管理委員会に行って投票してください。

     

      リンク ⇒ 滞在地での不在者投票

    

 

    【不在者投票請求書・宣誓書】(PDF:84KB) はこちらからダウンロードできます 

 

 『とっとり電子申請サービス』により申請できます

 ⇒リンク先とっとり電子申請サービス

 ※マイナンバーカードによる電子証明書が必要です

 

 

 

 ●郵便等による不在者投票

 

 郵便等による不在者投票は、郵便投票証明書が必要です。

 以下の(1)~(3)いずれかの要件に該当する人は、郵便投票証明書を交付しますので、鳥取市選挙管理委員会に申請してください。

 証明書の交付を受けた人は、11月14日()(必着)までに鳥取市選挙管理委員会に請求すれば、郵便により不在者投票をすることができます。

 

1)身体障害者手帳の交付を受けている人
  ▽両下肢、体幹、移動機能(1級、2級)
  ▽心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸(1級、3級)
  ▽肝臓、免疫障害(1級~3級)

 

2)戦傷病者手帳の交付を受けている人
  ▽両下肢、体幹(特別項症~第2項症)
  ▽心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓(特別項症~第3項症)

 

3)介護保険の被保険者証の交付を受けている人
  ▽要介護状態区分(要介護5)

 

〈郵便投票の代理記載〉

 

 

上記の郵便投票の要件を満たし、次のアまたはイに該当する人は、あらかじめ選挙管理委員会に届け出た代理記載人に投票用紙へ記入してもらうことができます。

 

ア.身体障害者手帳の交付を受けており、上肢または視覚の障害が1級の人

 

イ.戦傷病者手帳の交付を受けており、上肢または視覚の障害が特別項症から第2項症までの人

 

 

    リンク ⇒ 郵便等による不在者投票

     

 

選挙公報について

 

 11月11日の告示日に行われる立候補受付で候補者から提出された原稿を、原文のまま掲載することとされており、午後5時に立候補受付が締め切られた後に印刷を開始し、完了後に郵便局に差出します。

 11月16日までに全戸配布する予定ですが、早めにご覧になりたい人は、市役所本庁舎、駅南庁舎、各総合支所、用瀬地区保健センター、佐治町コミュニティセンター、鳥取市福祉文化会館に配置しますので、お越しください。

 また、11月12日に選挙公報原稿ができた時点でホームページに掲載する予定です。

 

開票について

 

 開票は11月18日(日)午後9時から、鳥取市民体育館(鳥取市吉成)で行います。

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
選挙管理委員会 選挙管理委員会事務局
電話0857-20-3386
FAX0857-20-3051
メールアドレスsenkan@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ