このページではJavaScriptを使用しています。

山陰最古の近代水道施設、国指定重要文化財「旧美歎水源地水道施設」へようこそ!

 

旧美歎水源地水道施設について

 旧美歎水源地水道施設(きゅうみたにすいげんちすいどうしせつ)は、鳥取市が1915年(大正4)に山陰地方で最初に建設(全国では29番目)した近代水道施設です。水源地ができるまで、鳥取市街地の人々の多くは、鳥取城の外堀である袋川の水を飲んでいました。しかし、袋川の水質は衛生的に決して良い状態ではなく、疫病などの心配もありました。このため、1912年(明治45)に、当時の鳥取市議会は美歎地区に水源地をつくることを決定し、総工費51万円(当時の市の年間予算の5倍に相当)を投じることで、市民待望の安全で安心な飲料水が供給されることになりました。
 1913年(大正2)に起工し、2年の歳月をかけて純国産型の水源地を完成させますが、1918年(大正7)9月に発生した台風によりダムが決壊し、濾過施設を含め下流部の集落が流されるという悲劇が起こります。鳥取市はこの災害を教訓に、貯水ダムを堅固なダムとするため、日本初のコンクリートダムの建設に従事した佐野藤次郎氏の指導のもと、復旧から3年後の1922年(大正11)に給水を再開しました。その後、機能拡張に伴い1929年(昭和4)に濾過池を増設し、1978年(昭和53)に休止するまでの60年間、鳥取市民の飲料水として用いられたほか、歩兵四〇連隊(陸軍)施設への供給や蒸気機関車に給水するなど、鳥取市の発展に貢献しました。

 1992年(平成4)に水道施設としての機能が完全に廃止されましたが、その後も貯水ダムは砂防堰堤として現用され、量水施設や濾過施設は外形が当時のままの姿で保存されており、日本の近代水道施設の全体像をよく残しています。以上のことから歴史的価値が認められ、2007年(平成19)6月18日に国の重要文化財に指定されました。2011年(平成23)より国及び鳥取県の補助を受けて文化財の保存修理と活用整備を実施し、2018年(平成30)に文化財施設として一般公開を開始しました。

 

▼もっと詳しく見る

【文 化 庁】国指定文化財等データベース「旧美歎水源地水道施設」で検索

【満員御礼】平成30年10月27日「旧美歎水源地水道施設」グランドオープン記念式典

【保 存 会】管理団体「美歎水源地保存会」について NEW‼

【お知らせ】平成31年3月31日「桜まつり in 旧美歎水源地水道施設」のイベント案内 

【お知らせ】令和元年6月15日「ホタル観Show&サックス歌謡Show」のイベント案内

【お知らせ】令和元年7月24日-26日「全国近代化遺産活用連絡協議会鳥取大会」のイベント案内

【ご 案 内】令和元年11月9日「旧美歎水源地フェスティバル2019(近代化遺産全国一斉公開)」のイベント案内 NEW‼

 

■竣工当初の土堰堤

■台風により堰堤が決壊

■復旧した重力式堰堤

■5号濾過池を増設

 

旧美歎水源地水道施設の案内

 

■春(受付棟周辺)

■夏(美歎ダム周辺)

■秋(制水井上屋内部)

■冬(濾過施設周辺)

 

公開期間 4月1日~11月30日(平日、土日、祝日公開)

公開時間 9:00~17:00

設   備 ガイダンス展示施設、トイレ、駐車場、飲料自動販売機

※上記期間は管理団体(美歎水源地保存会)が常駐しています。

※上記期間内に現地ガイドをご希望の方は、下記の「問い合わせ先」までご連絡ください。

※12/1~3/31の間、施設ガイドやガイダンス展示施設の公開は行っていませんが、濾過池周辺や芝生広場の利用はできます。

※貯水池見学路は、11/1~3/31の間は猟場となるため閉鎖します。ご注意ください。

 

主な指定文化財の紹介

■美歎川上流量水堰・通リ谷量水堰
(みたにがわじょうりゅうりょうすいぜき・とおりだにりょうすいぜき)
 旧美歎水源地の貯水池は、東側の「勝田ケ平」と北側の「通リ谷」という2つの谷からの流水を貯めるようにできています。「量水堰」は貯水池に流れ込む水の量を計測するためのもので、それぞれの谷に「小の堰」と「大の堰」が一組ずつ設置されています。水源地への水の取り入れ口としての機能を果たしていました。写真は美歎川上流量水堰の「大の堰」です。

■貯水池堰堤
(ちょすいちえんてい)
 東西に長い貯水池の西端に位置する重力式コンクリート造の堰堤(ダム)で、堤長103m、堤高19.5m、水通し幅37.6mの規模を持ちます。日本初のコンクリートダム建設に従事した佐野藤次郎の設計で、堰堤上部から放水する「越流式」を採用しており、当時は「美歎の大瀑布」と呼ばれ名所として親しまれました。平成11年に堰堤の補強を行い、現在は砂防堰堤として活用されています。

■一号~五号濾過池
(いちごう~ごごうろかち)
 貯水池より導かれた水は、5つある濾過池それぞれに貯められ、「緩速濾過(かんそくろか)」という仕組みで浄化していました。濾過池には浄化した水の送水量を調整するための「制水井(せいすいせい)」と「バルブ」が設置されています。上屋はこれらを保護するためのもので、初期につくられた一号~四号は鉄骨鉄網モルタル造ですが、後に増設された五号は建築技術の進歩により鉄骨鉄網コンクリート造となっています。

■接合井
(せつごうせい)
 四号濾過池の西側にある「接合井」は、一号~五号濾過池より浄化された水を集め、下流へ送り出す施設です。上屋は直径3.1mの円筒形で、煉瓦(れんが)造モルタル仕上げの外壁に鉄骨鉄網モルタル造のドーム型屋根をのせています。制水井上屋と同様に凝った洋風意匠が施されていることから、単なる保護建物ではなく、近代水道施設を象徴するシンボルとしての役割があったといえます。

■管理橋(上流側・下流側)※附指定
(かんりきょう(じょうりゅうがわ・かりゅうがわ)   
 旧美歎水源地水道施設には、2基の管理橋が架けられており、上流側を「岩ケ平人道橋(いわがひらじんどうきょう)」、下流側を「事務所前人道橋(じむしょまえじんどうきょう)」と呼んでいました。I型鋼による二連桁橋で、橋脚には水道管を転用して使っています。下流側の管理橋には送水管が併設されており、浄化した水を対岸にある量水器室に送っていました。写真は下流側の「事務所前人道橋」です。

■量水器室
(りょうすいきしつ)
 旧美歎水源地水道施設の南端にある「量水器室」は、水源地が送り出す水の量を計るための施設で、屋内には当時使われていた「ベンチュリーメーター」が今も保存されています。煉瓦造の建物に見えますが外壁面に煉瓦タイルを張った鉄筋コンクリート造の建物です。量水器室を通過した水は「長田山配水池」へ送られ、そこから市内に配水されていました。

 

旧美歎水源地水道施設のしくみ

 旧美歎水源地水道施設は上流部の貯水施設、中流部の濾過施設、下流部の送水施設からなっています。濾過池では「緩速濾過」という方法で水を浄化していました。濾過された水は自然地形による高低差を利用して水圧をかけ、約7km先にある「長田山配水池」(鳥取市上町)に水を送っていました。


旧美歎水源地水道施設の保存活用整備事業

 2007年(平成19)6月に国の重要文化財に指定されて以降、鳥取市は旧美歎水源地の文化財保存修理と平行して施設の活用整備を進めてきました。活用整備では、旧砂洗場を外観復元し、ガイダンス展示施設として活用するほか、貯水池を1周(約2km)する旧管理道を見学路として整備しました。

 豊かな水源を育むために植樹された水源涵養林と原生林が混交する見学路は、森林浴に最適です。やわからな日差しの中、見学路に点在する文化財を眺めながら、貯水池へと流れる川のせせらぎや鳥の鳴き声に耳を傾け、季節の花や木の香りを胸いっぱいに味わうことができます。動物図鑑や植物図鑑を持って散策するのも楽しみ方のひとつです。
 旧美歎水源地水道施設は、文化財を通して鳥取市の歴史を学ぶとともに、豊かな自然とふれあうことができる施設です。皆様のご来場をお待ちしています。

 

■芝生広場(1,000m2)

■濾過施設

■ガイダンス展示施設

■貯水池見学路(1周2km)

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
教育委員会 文化財課
電話0857-20-3367
FAX0857-20-3050
メールアドレスkyo-bunka@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ