鳥取市保健所 > 食品衛生 > 食中毒とその予防 > ノロウイルス食中毒に注意!

ノロウイルス食中毒に注意!

食中毒は、食品が腐りやすい夏の時期に多く発生すると思われがちですが、冬場にも多く発生しています。冬だからといって食中毒に対する油断は禁物です。

ノロウイルス食中毒は、冬場に発生しやすく感染力が強いため、注意が必要です。以下のことを十分に理解し、対策を行っていきましょう。

 

ノロウイルスの特徴

(1)僅かなウイルス量でも発症する。

(2)感染能力がなくなるまでの期間が長い。

(3)食品からの感染だけでなく人からの感染もある。

(4)一般の食中毒細菌と異なり、アルコールの消毒効果は十分ではない。

 

症状

吐き気、嘔吐、下痢など

 

潜伏期間

1~2日間

 

予防のポイント

○調理前、食事前、トイレ使用後などに石鹸でしっかりと手洗いをする。

○食品は、中心部が85~90℃で90秒以上になるように加熱する。

○調理器具などの消毒は、塩素系漂白剤を薄めたものまたは熱湯を使用して行う。

 

 

<ノロウイルス食中毒予防対策(参考:厚生労働省HP

 

・適切な手洗い方法(リーフレット動画

 

・塩素消毒についてはこちら

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 生活安全課
TEL:0857-20-3677
FAX:0857-20-3687
メール:anzen@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ