鳥取市保健所 > 愛玩動物(ペット) > 地域猫って何? > 地域猫活動について

地域猫活動について

 飼い主のいない猫、いわゆる野良猫によるふん尿被害、倉庫や車庫などで生まれる子猫等の苦情や相談が、保健所へ多く寄せられております。
 このようなトラブルの根本的な解決を図る方法として「地域猫活動」が注目されています。
 

地域猫とは? (住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン「環境省 平成22年2月」より抜粋)  

 地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫のことをいいます。
 その地域にあった方法で、飼育管理者を明確にし、飼育する対象の猫を把握するとともに、エサやふん尿の管理、不妊去勢手術の徹底、周辺美化など地域のルールに基づいて適切に飼育管理し、これ以上数を増やさず、一代限りの生を全うさせる猫を指します。


 

○地域猫活動とは? 住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン「環境省 平成22年2月」より抜粋

 地域猫活動は地域住民と飼い主のいない猫との共生をめざし、不妊去勢手術を行ったうえで、地域住民の手で適正に飼養管理することにより、将来的に飼い主のいない猫をなくしていくことを目的としています。ただし、実際に数を減らしていくためには、複数年の時間を必要としますので、当面は、これ以上猫を増やさない、エサやりによる迷惑を防止するなどを目的としています。地域猫活動は、「猫」の問題ではなく「地域の環境問題」としてとらえ、地域計画として考えていく必要があります。
 地域猫は野良猫とは異なります。エサ、水やりの場所は決められ、排泄物の処理や周辺の清掃なども行われます。不妊去勢手術が行われることで数が増えることが抑えられます。
 地域住民は猫による被害の現状を十分認識し、野良猫を排除するのではなく、地域住民が飼育管理することで、野良猫によるトラブルをなくすための試みであることを理解しなければなりません。



○TNR活動とは? 住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン「環境省 平成22年2月」より抜粋

 TNR活動は、地域猫活動の基本となる考え方で、飼い主のいない猫の繁殖を抑え、自然淘汰で数を減らしていくことを目的に、捕獲(Trap:トラップ)し、不妊去勢手術(Neuter:ノイター)を施して元のテリトリーに戻す(Return:リターン)活動のことです。


※鳥取県では、地域猫活動に取り組む地域に対して支援を始めています。
 詳細については、こちらをご覧ください。


 

ダウンロード

このページに対するアンケートにお答えください

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 生活安全課
TEL:0857-20-3675
FAX:0857-20-3687
メール:anzen@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)