このページではJavaScriptを使用しています。

電子納品・受発注者間情報共有システム(ASP)の運用について

鳥取市では、公共事業の生産性向上・働き方改革の一環として、国交省「土木工事の情報共有システム活用ガイドライン」等に基づき、平成31年4月1日から本市の公共事業(対象工事の項目参照)において「鳥取市電子納品・情報共有運用ガイドライン」による電子納品及び受発注者間情報共有システムの運用を開始します。

主な機能

インターネットを利用して、受発注者間で工事施工中に関する情報を共有し相互利活用できるシステムです。

ASP方式による運用形態

ASP(Application Service Providr)

Webブラウザでサービス提供者の情報サーバーにログインして使用します。

受発注者ともに情報サーバの設置・維持管理は不要です。

対象工事

■測量等業務

電子納品は、鳥取市(都市整備部・農林水産部・環境下水道部)が発注する建設工事に係る測量業務、土木関係建設コンサルタント業務、地質調査業務及び補償関係コンサルタント業務のすべてを対象とする

■工事

(1)電子納品

電子納品は鳥取市(都市整備部・農林水産部・環境下水道部)が発注する公共土木工事のうち、受注者が電子納品の適用を希望した工事及び情報共有システムを使用した工事を対象とする。

(2)情報共有システム

情報共有システムは、鳥取市(都市整備部・農林水産部・環境下水道部)が発注する公共土木工事のうち、予定価格8千万以上の工事及び受注者が情報共有システムの利用を希望した工事を対象とする。

使用システムの要件

国交省の情報共有システム機能要件を満たしたシステムを使用するものとします。

ガイドライン・様式ダウンロード

鳥取市電子納品・情報共有運用ガイドライン(H31.4.1)

関係様式データ(電子納品情報共有

チェックリスト



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 都市企画課
電話0857-20-3253
FAX0857-20-3048
メールアドレスtosikikaku@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ