このページではJavaScriptを使用しています。

改元に伴う元号表記について

 

 5月1日に元号が「平成」から「令和」に改められたことにより、本市が発出する文書については、同日以後、原則として「令和」で表記することとなりますが、印刷時期など事務処理の都合上、やむを得ず「平成」で表記されている場合があります。


 この場合、「平成」と表記されていても法令上の効果は変わりませんので、対応する「令和」の年や年度に読み替えて適用いただくようお願いします。

 

(例)
平成31年5月1日→令和元年5月1日
平成32年1月1日→令和2年1月1日
平成31年度→令和元年度
 

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
総務部 公文書管理室
電話0857-20-3105
FAX0857-20-3040
メールアドレスkobunsho@city.tottori.lg.jp