山中幸盛(鹿介)公の墓
鳥取市鹿野町鹿野

◎戦国武将で「我に七難八苦を与えたまえ」の言葉で有名な山中幸盛[鹿介](やまなかゆきもり[しかのすけ])の墓は鹿野の城下町の中心に位置する幸盛(こうせい)寺にあります。幸盛寺は亀井茲矩が義理の兄の幸盛を弔うために建立したもので、墓の隣には建立と同時期に植えられたイチョウの木があり、今では高さ34メートルを超える大木となっています。茲矩は鹿野城主となってすぐ、家臣に幸盛の遺骨や遺品を探させこちらに弔いました。ここからは茲矩と幸盛との深い友情を垣間見ることができます。


−お問い合わせ−
鹿野町総合支所 地域振興課
Tel:0857-84-2011

[0] トップページへ