Tottori City News Letter   
とっとり市報2007年10月1日
    

特集 子どもたちの学力向上のために

〜未来を切り拓くたくましい人づくりの基盤となる確かな学力の育成をめざして〜

写真

  本市では、『地域の一員としての自覚と誇りをもち、自己実現に向け、たくましく自立し、こころ豊かに生きる人づくり』をめざして教育改革に取り組んでいます。中でも、確かな学力は、未来を切り拓くたくましい人づくりの基盤となる重要な要素であり、その育成は学校に課せられた大きな責務です。
 鳥取市学力向上推進委員会では、このような認識のもと、鳥取の子どもたちの学力の現状や課題について明らかにしてきましたが、このたび、これまでの協議を具体化していくため、学力向上のために「家庭」「地域社会」「学校」それぞれの立場でどう取り組めばよいかを「9つのアピール」としてまとめました。このアピールは、鳥取の子どもたちの学力向上のために必要なことや取り組むべき方向を示したものです。
 家庭、地域社会、学校が協働することによって、教育効果はさらに高まります。将来にわたって鳥取を愛し、その充実と発展の主役として活躍する人づくりをめざして、それぞれの立場で出来ることから始めようではありませんか。

学力向上のための9つのアピール

アピールにこめた願い
「子ども・家庭」に対して
1「規則正しい生活リズム」が学力向上の土台です。早起きと愛情一杯の朝ごはんが、心も体も学力も育てます。

2「学ぶ意欲」「集中力」「忍耐力」が、学力向上の要です。愛情のこもった“ダメ”の一言が忍耐力を育てます。

3「学ぶ習慣」は学力向上のキーワードです。テレビを消して食事と会話をするなど、忙しい時間をほんの少し子どもたちにプレゼントしてみませんか。

「地域社会」に対して
4「あいさつ」は地域の文化のバロメーター。学力豊かな子どもは、豊かな地域文化と温かい人と人とのつながりの中で育ちます。

「学校」に対して
5頑張れ!頑張れ!だけでは、何を頑張るのか分かりません。子どもたちにはっきりした到達目標を示し、何をどう頑張るかを的確にアドバイスすれば、子どもたちの学力は伸びていきます。

6「あまりに多くのことを教えるなかれ。しかし、教えるべきことは徹底的に教えるべし」(イギリスの哲学者ホワイトヘッド)学校の最も重要な役割(やるべきこと)は子どもたちに学力をつけることです。

7「学校は敷居が高い」と言われるのはなぜでしょう。もはや学校だけの力で子どもたちを育てる時代ではありません。学校と家庭と地域が協働して育てる時代です。

8校長が理念を語れば、教師は夢を語り、子どもたちは笑顔で応える。校長先生の自信ある 「語り」が教師を育て、ひいては子どもたちの学力の向上につながります。

9もっと素敵な教師になるために、そして教師のゆるぎない信頼を確立するために、あえて辛口の言葉です。今日も子どもたちは、先生の背中を見つめています。



1 学力の土台は規則正しい生活
 生活のリズムづくりは 親の義務
2 学力を支える忍耐力・集中力をくらしの中で
3 続けよう家庭学習
 親の目と親の時間を 学習習慣づくりに 地域

4 人と人とのつながりのある地域にこそ
  学力豊かな子が育つ 学校

5 子どもや地域の実態を正しくつかみ
  明確な到達目標を 学校の柱に
6 到達目標達成のために「やるべきこと」と
  「やってはいけないこと」 の区別を
7 改善につながる学校評価と保護者・地域
  に分かりやすい説明を
8 校長は教育理念を語り教師集団の育成を
9 教師として 学び続ける者のみ 教える資格あり

今後は、このアピールをもとに具体的な実施内容を協議していきます。  
学力向上に関するみなさんのご意見をお寄せください。

学力向上推進委員会の提言を受け、すでに実施または予算化されている事業

▼トリニティープラン(鳥取市学力向上推進事業)…高草中校区、河原中校区  
▼中学校区基礎基本定着事業
▼鳥取市教育センターの設立(平成19年4月)  
▼教職員研修の充実  
▼モラルやマナー・ルールを大切にする風土(人)づくり事業
▼小中一貫校推進事業  
▼ALT(外国語指導助手)全中学校区配置に向けて増員


調査結果 平成18年度 基礎学力調査(中2)














募集 モラルやマナー・ルールを大切にする風土(人)づくり事業

『草の根活動』促進委託団体

  地域や家庭、学校などの現場で、自主的な活動を草の根的に広げるための支援をします。

■対象 
教育関係団体、PTA関係団体、社会教育関係団体、地域活動・市民活動団体など

■委託金額 上限5万円   

■募集団体 8団体

■申込方法 事業計画書と予算書を問い合わせ先まで持参または郵送で

■申込期限 10月22日(月) ※市ホームページに詳細を掲載しています。

■提出・問い合わせ先 
市役所第2庁舎学校教育課 〒680-8571上魚町39 TEL (0857)20−3368

目次へ戻る  このページの上部へ