鳥取市

軽自動車税(種別割)の税率変更について登録日:

軽自動車税(種別割)の税率変更について


地方税法の改正により平成27・28年度課税から軽自動車税(種別割)の税率が変更になりました。

※地方税法の改正により、令和元年10月1日より、軽自動車税から軽自動車税(種別割)に名称が変更されました。

原動機付自転車・小型特殊自動車・二輪の軽自動車・二輪の小型自動車・雪上車

車種区分

総排気量

定格出力

現行税率
(平成27年度まで)

新税率
(平成28年度から)

原動機付自転車

第1種

50cc以下

0.6kw以下

1,000円 

2,000円

第2種乙

50cc超90cc以下

0.6kw超0.8kw 以下

1,200円

2,000円

第2種甲

90cc超125cc以下

0.8kw超

1,600円

2,400円

ミニカー

20cc超50cc以下(三輪以上)

0.25kw超0.6kw以下(三輪以上)

2,500円

3,700円

軽二輪(125cc超250cc以下)

2,400円

3,600円

雪上車

2,400円 

3,600円

小型特殊自動車

農耕用

1,600円 

2,400円

その他のもの

4,700円

5,900円

小型二輪(250cc超) 

4,000円

6,000円


 

軽三輪車, 軽四輪以上の車両

車種区分

税率(年税額)

1 現行税率

平成27年3月31日までに最初の新規検査をした車両

2 新税率

平成27年4月1日以降に最初の新規検査をした車両

3 重課税率

最初の新規検査から13年を経過した車両

軽自動車

三輪

3,100円

3,900円

4,600円

四輪

乗用のもの (660cc以下)

自家用

7,200円

10,800円

12,900円

営業用

5,500円

6,900円

8,200円

貨物用のもの(660cc以下)

自家用

4,000円

5,000円

6,000円

営業用

3,000円

3,800円

4,500円

(1)平成27年度課税から、条件により現行税率に加え新税率が適用されています。

  条件は、『最初の新規検査(注)』の年月で判定します。

(2)平成28年度課税から、重課税率が適用されています。

  これは、最初の新規検査から13年経過した三輪、四輪の軽自動車が対象です。ただし、電気自動車、天然ガス自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車及びガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車、非けん引車は対象から除きます。

 【参考】

 平成28年度重課税対象車両:最初の新規検査が、平成14年12月31日までの車両

 (平成15年10月14日以前に最初の新規検査を受けた車両は「年」までの記載しかないため、すべてその年の12月に検査を受けたものとみなします。)

 平成29年度重課税対象車両:最初の新規検査が、平成16年3月31日までの車両

 平成30年度重課税対象車両:最初の新規検査が、平成17年3月31日までの車両

 令和元年度重課税対象車両:最初の新規検査が、平成18年3月31日までの車両

 令和2年度重課税対象車両:最初の新規検査が、平成19年3月31日までの車両

 令和3年度重課税対象車両:最初の新規検査が、平成20年3月31日までの車両

(注)最初の新規検査とは、新規検査(新車)のことをいいます。軽三輪と軽四輪については、新規検査(新車)の実施年月で税率を判定します。なお、最初の新規検査年月は、自動車検査証の「初年度検査年月」で確認できます。

 

軽自動車税(種別割)のグリーン化特例(軽課税率)

グリーン化特例(軽課税率)とは、排出ガス性能及び燃費性能の優れた軽自動車を新規で取得(新車)したものについて、取得した翌年度分の税率を軽減するものです。適用は1年間のみで、適用された次の年からは標準税率になります。

 ※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

令和2年4月1日から令和3年3月31日までに新規で取得(令和3年度課税分)

令和3年度課税(令和2年4月1日から令和3年3月31日の間に新規で取得したもの)のグリーン化特例(軽課税率)は以下のとおりです。 

車種区分

グリーン化特例税率(年税額)

(参考)
通常税率

(ア)

(イ)

(ウ)

軽自動車

三輪(660cc以下)

1,000円

2,000円

3,000円

3,900円

四輪

乗用のもの (660cc以下)

自家用

2,700円

5,400円

8,100円

10,800円

営業用

1,800円

3,500円

5,200円

6,900円

貨物用のもの(660cc以下)

自家用

1,300円

2,500円

3,800円

5,000円

営業用

1,000円

1,900円

2,900円

3,800円

 (ア) 1.電気軽自動車
    2.天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合車または平成21年排出ガス規制に適合し、かつ、平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ないもの)

 (イ) 平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%低減達成車のうち、乗用と貨物用それぞれの条件を満たすもの
   乗用:令和2年度燃費基準+30%達成車
   貨物用:平成27年度燃費基準+35%達成車

 (ウ) 平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%低減達成車のうち、乗用と貨物用それぞれの条件を満たすもの
   乗用:令和2年度燃費基準+10%達成車
   貨物用:平成27年度燃費基準+15%達成車

 ただし、(イ)、(ウ)については、内燃機関の燃料が揮発油(ガソリン)の軽自動車に限ります。

 

令和3年4月1日から令和5年3月31日までに新規で取得(令和4年度または令和5年度課税分)

税制改正により、グリーン化特例(軽課税率)について対象車を見直したうえで、2年間延長になりました。
新規登録期間:令和3年4月1日~令和5年3月31日

車種区分

グリーン化特例税率(年税額)

(参考)
通常税率

(ア)

(イ)

(ウ)

軽自動車

三輪(660cc以下)

1,000円

通常税率

3,900円

四輪

乗用のもの (660cc以下)

自家用

2,700円

通常税率

10,800円

営業用

1,800円

3,500円

5,200円

6,900円

貨物用のもの(660cc以下)

自家用

1,300円

通常税率

5,000円

営業用

1,000円

通常税率

3,800円

 (ア) 1.電気軽自動車
    2.天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合車または平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ないもの)

 (イ) 平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%低減達成車であって、以下をどちらも満たすもの。
    ・令和12年度燃費基準90%以上達成
    ・令和2年度燃費基準達成

 (ウ) 平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%低減達成車であって、以下をどちらも満たすもの。
    ・令和12年度燃費基準70%以上達成
    ・令和2年度燃費基準達成

 ただし、(イ)、(ウ)については、内燃機関の燃料が揮発油(ガソリン)の営業用軽自動車で乗用のものに限ります。

 

このページに関するお問い合わせ先

税務・債権管理局 市民税課 税制係
電話番号:0857-30-8144
FAX番号:0857-20-3921

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?