鳥取市

産前産後期間の保険料免除について更新日:

次世代育成支援の観点から、国民年金第1号被保険者が出産した際に、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が平成31年(2019年)4月から始まりました。

産前産後期間の免除制度は、「保険料が免除された期間」も保険料を納付したものとして老齢基礎年金の受給額に反映されます。

そして、申出をすればこの期間は免除を受けていても付加保険料の納付をすることができます。

免除される期間

出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。なお、多児妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

対象となる人

国民年金第1号被保険者で、出産日が平成31年2月1日以降の人

届出先

市役所本庁舎1階 国保と年金(9番)窓口

各総合支所市民福祉課

手続きに必要なもの

  • 年金手帳又はマイナンバーカード確認書類
  • 手続きする人の本人確認書類(免許証など)
  • 出産前に届出する場合:母子手帳など出産予定日のわかるもの
  • 出産後に提出する場合:原則不要(住民基本情報により確認するため)
    ただし、被保険者と子が別世帯の場合は、出産証明書など出産及び親子関係を明らかにする書類が必要です。
  • 世帯が別の人が届出する場合は委任状が必要です。

このページに関するお問い合わせ先

福祉部 保険年金課 年金係
電話番号:0857-22-8111(コールセンター)
FAX番号:0857-20-3906

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?