鳥取市

伐採及び伐採後の造林の届出制度について登録日:

令和4年4月1日から伐採及び伐採後の造林の届出制度が変わります

 令和3年6月15日付けで森林・林業基本計画の策定及び全国森林計画の変更が閣議決定され、新たな基本計画等に基づいて、適正な伐採と更新の確保を図るべく、森林計画制度の見直しが図られました。
 各種制度の見直しの中で、伐採及び伐採後の造林の届出制度(以下、伐採届)も変更され、令和4年4月1日から施行されます。主な変更点は、下記のとおりです。
・伐採する者、伐採後に造林する者それぞれが伐採計画書、造林計画書を提出する。
・集材方法についての項目を伐採計画書に記載する。
・鳥獣害対策についての項目を造林計画書に記載する。
・「伐採後の造林の終わった時」に加え、「伐採の終わった時」にも状況報告書を提出する。

 令和4年4月1日から新様式で伐採届をご提出ください。

伐採及び伐採後の造林の届出は、なぜ必要なのですか?

 市町村森林整備計画に従った適切な施業をするためです。

 森林は、環境の保全、水源のかん養、災害の防止、木材等の林産物の供給などの働きを通して、私たちの日常生活に関わりをもつ重要な役割を果たしています。

 鳥取市では、森林の持つ働きを持続させるため、森林法に基づく「森林整備計画」において伐採や造林の方法などを定め、地域の実情に応じた適切な森林づくりを推進しています。

 「伐採及び伐採後の造林の届出制度」は、森林の伐採及び伐採後の造林が、この計画に従って適切に行われているか確認するために、事前に「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出していただくものです。また、伐採後の造林が完了したときには、「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告」を提出することが森林法で義務づけられています。

だれが届出をおこなうのですか?

 森林所有者や、立木を買い受けた方などです。

  • 森林所有者が自分で、あるいは他者に請け負わせて伐採する場合は、森林所有者が届け出ます。
  • 伐採業者などが森林所有者から立木を買い受けて伐採する場合は、立木を買い受けた方と伐採後の造林(天然更新も含む)を行うもの(森林所有者)との連名で届け出ます。

届け出る時期はいつで、届け出先はどこですか?

(1)伐採及び伐採後の造林の届出

 伐採を始める日の90日前から30日前の間に、伐採する立木が存在する市町村へ届け出てください。

(2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告

 造林を完了した日から30日以内に、(1)を届け出た市町村へ報告書を提出してください。

 「伐採及び伐採後の造林の届出書」、「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告」の届出が必要となる場合は、ページ下「届出様式」・「記載例」などを基に書類を作成し、鳥取市役所農林水産部林務水産課または、伐採する地域の総合支所産業建設課へ提出してください。

※令和2年12月21日より押印は不要となりました。

届出をしないとどうなるのですか?

 100万円以下の罰金に処される場合があります。

 無届の場合や市町村長からの無届伐採に対する伐採の中止命令・伐採後の造林命令に従わなかった場合などには、100万円以下の罰金に処される場合があります(森林法第207条)。

どのような森林が届出の対象となるのですか?

 地域森林計画の対象森林です。

 地域森林計画対象森林において立木を伐採するときは、目的・面積・本数・材積に関係なく届出が必要です。(地域森林計画対象森林については、「とっとりWebマップ」(県公式サイト)の森林情報から確認が可能です。「とっとりWebマップ」で確認できない場合は、林務水産課または、伐採する地域の総合支所産業建設課へお問い合わせください。)
 ただし、保安林及び保安施設地区内の森林の場合は除きます。
 ※保安林内の伐採等の手続については、「保安林内での許可手続き等」(県公式サイト)をご覧ください。
 また、1ヘクタールを超える開発行為には林地開発許可が必要となり、許可の手続きについては、「鳥取県林地開発条例」(県公式サイト)をご覧ください。

留意事項

 森林経営計画の認定を受けている森林で、計画に基づく伐採等を行う場合、伐採等の終わった日から30日以内に「森林経営計画に係る伐採等の届出書」が必要となります。詳細は「森林法に基づく伐採等の手続について」をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ先

農林水産部 林務水産課
電話番号:0857-30-8311
FAX番号:0857-20-3043

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?