鳥取市

不妊検査費助成更新日:

不妊検査費助成

 夫婦そろって受ける初めての不妊検査費用の一部を助成します。

 妊娠しにくい原因がないか検査を受けておくと、妊娠を希望される場合に適切な治療を開始できます。まずは、早めの検査で診断を受けましょう。

※平成30年4月の中核市移行に伴い、鳥取県実施の本助成金について、鳥取市及び東部4町の申請を鳥取市保健所で受付しています。

不妊検査費助成金のお知らせ(令和3年度版)

対象者

*令和2年度から対象者が拡大しました*

夫婦で初めて不妊検査を開始した場合で、次のすべてに該当する方が対象です。

1. 検査開始日において、次の(1)または(2)に該当する方

   (1)法律上の婚姻から3年以内の夫婦

   (2)法律上の婚姻関係もしくは事実婚関係にある、妻の年齢が35歳未満の夫婦

2. 検査開始日において、妻の年齢が43歳未満であること

3. 同一夫婦で、過去に不妊検査又は不妊治療(体外受精、顕微授精又は人工授精)を受けたことがないこと

4. 申請時点において、申請者が鳥取市、岩美町、若桜町、智頭町又は八頭町に住所を有すること

対象となる検査

助成の対象となる検査は、下記のすべてに該当する検査です。

  • 検査を開始した日から終了した日までの期間が1年以内のもの
  • 産婦人科又は泌尿器科を掲げる医療機関(県内県外不問)で受けたもの
  • 夫婦双方が受けた検査であること
  • 夫婦がそれぞれ異なる医療機関で検査を受けた場合も対象
  • 夫婦の一方が検査を開始した日の翌日から起算して3ヶ月以内にもう一方が検査を開始した場合も対象

※保険適用となる不妊検査や、不妊治療の一環として実施される検査は、本助成対象外です。

助成の内容

助成金額:検査経費のうち、保険適用外費用全額(上限26,000円)

助成回数:1組の夫婦につき1回限り

申請手続きについて

申請書類

提出書類 備考
(様式第1号)
鳥取市不妊検査費助成金交付申請書兼請求書

申請者が記載ください。

  •  申請者は夫婦どちらでも構いませんが、夫婦で異なる住所の場合、鳥取市及び東部4町に住所がある方となります。
  • 原則、申請者と振込先口座名義人を同一としてください。同一でない場合は委任状が必要です。
(様式第2号)
不妊検査費助成事業に係る証明書
受診した医療機関に記載を依頼してください。
検査費助成経費に係る領収書(写し)

受診した医療機関が発行 ・原本をコピーして提出ください。

  • 受診証明書に領収年月日と金額が記載されていますので、該当する領収書を漏れのないようご準備ください。
  • 一方がすべて保険適用の検査を実施した場合でも、治療期間の確認のため、該当の領収書及び診療明細書の写しを提出ください。
検査費助成経費に係る診療明細書(写し)
夫及び妻の住民票 (発行から3ヶ月以内のもの)

市役所、町役場で取得ください。

  • 夫婦ともに鳥取市にお住いの方に限り、申請書の該当欄にチェックいただくことで省略することが可能です。
  •  続柄と筆頭者の記載があり、個人番号(マイナンバー)の記載がないもの
  • 国籍要件はありません。外国籍の方は、「外国人登録原票記載事項登録証明書」又は「住民票」を提出ください。
婚姻日、婚姻関係が証明できる書類

市役所・町役場で取得ください。

 ○法律婚の場合:戸籍抄本(又は謄本)

 ○事実婚の場合:両人の戸籍謄本及び事実婚関係に関する申立書(様式第3号)

  • 本籍地が現在お住いの自治体と異なる場合、取得に時間を要する場合がありますので、余裕をもってご準備ください。

【該当の方のみ】  事実婚の場合

(様式第3号)

事実婚関係に関する申立書

両人が必ず自署してください。
   

申請期間

検査終了日の属する年度内(4月1日から翌年3月31日まで。土日、祝日を除く。)に申請ください。

例外的に、検査終了日が2月1日から3月31日までの場合は、翌年度5月31日まで申請することができます。

申請先

鳥取市保健所 健康・子育て推進課 子育て支援係

鳥取市富安2丁目138-4 鳥取市役所駅南庁舎1階

電話:0857-30-8584

関連リンク

鳥取県 「不妊検査費助成金」

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 健康・子育て推進課 子育て支援係
電話番号:(0857)30-8584
FAX番号:(0857)20-3965

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?