鳥取市

今日の熱中症予防情報登録日:

暑さ指数(WBGT)は、熱中症発生の危険を予見する目安です。熱中症による救急搬送者数や死亡者数は、暑さ指数(WBGT)が28を超えるあたりから増えはじめ、その後暑さ指数(WBGT)が高くなるに従って急激に増加するといわれています。

 今日の鳥取市の暑さ指数(WBGT)は、こちら(環境省「熱中症予防情報サイト」)

環境省では、全国約840地点における暑さ指数(WBGT)の実況値・予測値等、熱中症予防情報の提供を行っています。鳥取県内の観測地点は、岩井、鳥取、智頭、青谷、倉吉、塩津、米子、境、茶屋の9地点です。

熱中症

暑さ指数(WBGT)ってなに?

暑さ指数(WBGT)とは、人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい「湿度」「日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境」「気温」の3つを取り入れた指標です。暑さ指数は、熱中症のリスクを評価する暑熱環境の指標として、様々な場で熱中症を予防するために活用されています。

暑さ指数(WBGT)の算出

※環境省「熱中症環境保健マニュアル」抜粋

暑さ指数に応じた熱中症の予防

熱中症の発生リスクは、暑さ指数(WBGT)が高くなるにつれて高くなります。暑さ指数を用いた指針としては、日本体育協会による「熱中症予防運動指針」、日本生気象学会による「日常生活における熱中症予防指針」があり、暑さ指数に応じて表1-1に示す注意事項が示されています。熱中症を予防するために、一人ひとりがこの指針を参考に、自らの体調を考慮しながら、熱中症予防対策をこころがけましょう。

暑さ指数に応じた注意事項等

※環境省「熱中症環境保健マニュアル」抜粋

熱中症警報等のお知らせ

鳥取県では、5月から9月を「熱中症注意月間」とし、熱中症の予防啓発を行っています。
鳥取県から熱中症警報などが発表された際には、「熱中症警報等のお知らせ」に掲載します。
詳細は、リンク先の鳥取県公式サイトをご覧ください。

※熱中症警報は、最高気温が30℃以上と予測される場合に発令されます。
※熱中症特別警報は、最高気温がおおむね35℃以上と予測され、高温注意報が発表される場合に発令されます。
※熱中症警戒週間は、予想最高気温が30℃以上の日が1週間のうち5日以上の場合に発表されます。

鳥取県熱中症特別警報及び熱中症警報の発令について(鳥取県公式サイト)
鳥取県熱中症警戒週間の発表について(鳥取県公式サイト)

外部サイトへのリンク

熱中症予防などに関する情報をご覧いただけます。

特に熱中症が心配される期間中は、毎日の暑さ指数(WGBT)が公開されています。

熱中症またはその疑いにより搬送された人員数等が公開されています

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 保健総務課
電話番号:0857-30-8521
FAX番号:0857-20-3964

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?