鳥取市

【新型コロナウイルス対策】ご自身と大切な人と地域を守ろう!会食・三密に注意しましょう!登録日:

<市民の皆様、市内にいらっしゃった皆様へ>
ご自身と大切な人と地域を守ろう!会食三密に注意しましょう!

  • 感染者の重症化率、死亡率はインフルエンザに比べ、はるかに高いことがわかってきています。注意レベルを格段に上げていただきますようお願いします。
  • 親しい間柄であっても、マスクを外す瞬間をウイルスが狙っています。身近なところで感染する可能性もあります。
  • 会食は、普段から一緒にいる人との少人数で短時間で、できるだけマスクを着用するなど感染予防をしっかりと取っていただきますようお願いします。
  • 普段から一緒にいない人との会食などの後は、5日間程度、発熱がないかなど体調チェックをお願いします。
  • 引き続き「三つの密(密閉、密集、密接)」を避ける人と人との感染防止距離(概ね2メートル)を取る、距離が取れない場合のマスクの着用、こまめな手洗い、こまめな換気などの感染予防に十分注意を払っていただきますようお願いします。
  • リスクの高い高齢者、基礎疾患のある方や妊婦と会われる際は、特に注意しましょう。

 

感染リスクが高まる「5つの場面

 次の5つの場面で感染リスクが高まります。これらの場面に気をつけ、引き続き感染予防に努めましょう!

 

 感染リスクが高まる「5つの場面」

出典:新型コロナウイルス感染症対策分科会:分科会から政府への提言

場面1 飲酒を伴う懇親会等

  • 飲酒の影響で、気分が高揚すると同時に注意力が低下します。また、聴覚が鈍麻するため、大きな声になりやすく、感染リスクが高まります。

場面2 大人数や長時間におよぶ飲食

  • 大人数の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなります。また、長時間におよぶ飲食では、同じ空間が共有されるため、感染リスクが高まります。

場面3 マスクなしでの会話

  • マスクなしに近距離で会話をすると、飛沫感染による感染リスクが高まります。
  • 感染例として、カラオケなどでの感染が確認されています。

場面4 狭い空間での共同生活

  • 狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まります。
  • 感染例として、寮の部屋やトイレ等の共用スペースでの感染が疑われる事例が確認されています。

場面5 居場所の切り替わり

  • 仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境に変化などにより、感染リスクが高まることがあります。
  • 感染例として、休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されています。

 

 

  飲酒は、少人数・短時間で、できるだけ普段一緒にいる人深酒・はしご酒などは控え、適度な酒量で楽しみましょう。

  箸やコップ使いまわさず、一人ひとりで使いましょう。

  ☆席斜め向かいに座るようにしましょう(正面や真横はできるだけ避けましょう)。

  ☆会話するときはできるだけマスクを着用しましょう

  ☆帰宅後何かを口に入れる前喫煙も含めて)の手洗いを徹底しましょう。

  ☆倦怠感やのどの違和感、発熱、味覚・嗅覚など多少の違和感を自覚した場合、親しい間柄であっても人と接触する際には

   マスクを着用し人との会食は避けましょう

 

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 保健医療課
電話番号:0857-30-8531
FAX番号:0857-20-3962

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?