鳥取市

家庭内感染を防ぎましょう!登録日:

新型コロナウイルス感染症の家庭内感染が全国的に増えています。

「自分は、自分の家族は大丈夫」と考えず、誰もが感染する可能性があることを意識し、家庭内感染の予防に心がけましょう!

 

【家庭内感染予防のポイント】

こまめな手洗いをしよう

 外から帰宅したとき、トイレの後、食事や調理の前など、石けんと流水でしっかり洗いましょう。

 また、洗面所や蛇口などは常に清潔にしておきましょう。

物の共有をさけよう

 洗面所でのタオルやコップなどの共有は避けましょう。

マスクを着用しよう

咳やくしゃみなどの症状があるときは、本人、家族の両方がマスクを着用しましょう。(ただし、2歳以下のお子さんを除く)

 使用したマスクは、マスクの表面に触れないように、ゴムやひもの部分をつまんで捨てましょう。

こまめな換気をしよう

風の流れができるよう、部屋の2方向の窓を1時間に2回以上・1回に数分間程度全開にしましょう。窓が1つしかない場合でも、入り口のドアを開ければ窓とドアの間に空気が流れます。扇風機や換気扇を併用したり工夫すれば、換気の効率はさらに上がります。

※通常の家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで、換気を行っていませんので、換気が必要です。また、一般的な空気清浄機は、通過する空気量が換気量に比べて少ないことから、新型コロナウイルス対策への効果は不明とされています。

食事の席でも気を付けよう

 家族全員が箸をつけるような大皿料理は避け、できるだけ個別に盛り付けましょう。

可能なら、お互いの席の距離を離したり、真正面でなく斜め向かいになるようにするなどの工夫をしましょう。

症状のある人は部屋を分けよう

風邪のような症状があるときは、できる限り他の家族と別の個室で過ごしましょう。食事や寝るときも別室にするのが安心です。

小さなお子さんや高齢者など、お世話が必要なときは、できるだけ持病のない限られた人だけでお世話するようにしましょう。

帰省や県外との往来についてはよく検討を!

県外にいらっしゃる親族やご友人などがもし帰省を考えておられる場合などは、地域の流行状況を十分確認しましょう。

緊急事態宣言対象地域との往来は、可能な限り控えてください!

鳥取県が指定する感染流行警戒地域(【4】)、感染流行厳重警戒地域(【5】)との往来は、必要性を慎重にご判断ください。

いずれの地域においても、不要不急の用件であれば時期を延期していただくなど、相手とよく話し合い検討してください。

受診が必要な時はまずかかりつけ医に相談を!

発熱や咳など風邪のような症状があり、受診が必要なときは、まずかかりつけ医に電話やファクシミリで相談し、その指示に従って受診しましょう。

 かかりつけ医がないなど受診先に困るときは、受診相談センターにご相談ください。

 受診相談センター (受付時間:9:00~17:15(土日祝日を含む)

  電話番号:0120-567-492

  ファクシミリ:0857-50-1033(※土日祝日や夜間も送信できますが、お返事は翌日以降になります。)

受診相談センターの受付時間外については、東部地区の相談は鳥取市保健所で受け付けます。鳥取市役所(代表)0857-22-8111にご連絡ください。

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 保健医療課
電話番号:0857-30-8531
FAX番号:0857-20-3962

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?