鳥取市

【1・2回目接種/接種概要】新型コロナウイルス感染症のワクチンについて更新日:

やさしいにほんごはこちら 3回目接種はこちら 小児(5歳から11歳)への接種こちら 4回目接種はこちら

 このページでは、新型コロナワクチンの接種に関する全般的なお知らせ、1・2回目接種に関する情報を随時掲載していきます。

オミクロン株対応ワクチンでの接種を希望される方は、1・2回目接種を年内に接種する必要があります。希望される方は、早めの予約をお勧めします。

 集団接種日程等 /コロナワクチンナビ  /県営会場等での接種(一般住民向け) / ワクチン接種協力バンク / 人権への配慮 / 個別接種医療機関 

麒麟のまち圏域取組  / 接種券の再発行・送付先の変更 / 副反応について / コールセンター / よくある質問 / 接種証明 

/若者のワクチン接種/ R3年12月からの予診票NEW

個別接種を実施している医療機関について

  個別医療機関の予約受付状況はこちらからご確認いただけます ⇒ コロナワクチンナビ

予約受付可能な個別医療機関を掲載しています(詳しくはこのリンクをクリック)!

※麒麟のまち圏域の協力医療機関では、鳥取市民の方の予約を受け付けています詳しくはこちら⇒麒麟のまち圏域ワクチンの取組

※各医療機関の状況により、日程等によっては予約を受け付けていないことがありますのでご了承ください。

集団接種の日程・会場について

 ▼▽集団接種日程(1・2回目)▽▼ 

 空きがあれば当日予約可能です。ワクチン接種専用ダイヤルにお問い合わせください。掲載内容は平日に更新しています。

1回目接種

[2回目接種の日程]

(※2回目接種は、1回目接種の3週間後の同じ会場・同じ時間です。)

10/8(土)

[10/29(土)]

10/29(土)

[11/19(土)]

鳥取市役所駅南庁舎

(富安2-138-4)

〔予約時間〕9:30のみ ※接種券付き予診票をお持ちのうえ、予約時間の10分前には会場にお越しください。

 「〇」・・・予約枠に余裕あり、「▲」・・・予約枠が残り10枠以下、「×」・・・予約枠なし

ページトップへ

ウェブ予約

※右側の「新型コロナウイルスワクチン接種の予約」をクリック

ウェブ予約

※集団接種の予約は1回目接種のみでO.K.(2回目接種は、3週間後の同じ会場・同じ時間です。)

10月11日(火)21:30~23:30、10月14日(金)7:30~8:30の間はメンテナンスのためウェブ予約を一時停止します。

電話による予約

電話:0857-30-8535(鳥取市新型コロナワクチン接種専用ダイヤル) 受付時間:8:30~17:15(土・日・祝日含む。)

電話がつながりにくい場合、時間をおいておかけ直しください。

【お願い】電話番号をよく確認して、電話のかけ間違いにご注意ください。

※予約時に接種券に記載の「券番号(10ケタの数字)」が必要です。接種券到着直後は電話が混雑します。ご了承ください。

※年齢などの条件により予約の受付開始日が異なりますので、接種順位の表をご確認ください。

FAXによる予約

※電話でのご予約が難しい方のみ

聴覚に障がいのある方、失語症の方、音声機能障がいの方など、電話でのご予約が難しい方は、FAXでのご予約も受け付けています。

集団接種会場予約専用送付票はこちら→ Word版 (Word/21KB)/ PDF版(PDF/107KB)

FAX番号:0857-20-3981

FAXによるご予約について、注意点は以下の通りです。

  • FAXでのご予約は、電話でのご予約が難しい方専用です。
  • 生年月日・住所を記載してください。
  • 集団接種会場のご予約のみ対応しています。
    集団接種会場のご予約は、FAXのほか、インターネットによる受付も行っています。
  • FAXを送信した時点では予約完了ではありません。
    ご希望日時の空き状況を確認をした後、予約の完了について折り返しご連絡いたしますので、FAX番号を必ずご記入ください。
  • FAXはいつでも受け付けていますが、対応が翌日になることもあります。
  • FAXを送信してから2日以上経っても折り返しの連絡がない場合は、うまく届いていないことが考えられますので、お手数ですが再度FAXの送信をお願いします。

新型コロナワクチン県営会場等について

鳥取県営ワクチン接種センターが開設されていますのでお知らせいたします。

若者のワクチン接種

 新型コロナワクチンはメリット(有効性)がデメリット(リスク)より大きいため接種が推奨されています。  5歳から11歳への接種についてはこちら

 メリットとデメリットについて正しく理解することが大切です。⇒若者のワクチン接種ページへ

  若者のワクチン接種、メリットとデメリットの考え方(厚生労働省ホームページ)

  ~12歳以上のお子様と保護者の方へ~(PDF/2MB)

 (10代、20代の男性の方へ)新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎等について

 10代、20代の男性では、武田/モデルナ社のワクチンより、ファイザー社のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向がみられました。

 このため、10代、20代の男性は、武田/モデルナ社のワクチンを1回目にすでに接種した方も、ファイザー社のワクチンを希望する場合は、ファイザー社のワクチンを選択できます。詳しくは予約先へお問い合わせください。

  ~10代・20代の男性と保護者の方へ~(PDF/560KB)

新型コロナウイルスワクチン接種について

 本市では、接種を希望される市民の皆さまにワクチンを円滑に接種できるよう、準備を進めています。安全かつ確実な体制を整え、安心して接種を受けていただけるよう、今後、本市の接種体制、ワクチンの安全性、副反応のリスクなどワクチン接種に関する情報をお知らせしていきます。なお、本市が実施する集団接種会場では、現在ファイザー社製ワクチンを使用しています。

新型コロナワクチン接種の心得!

 スムーズに新型コロナワクチンの接種を受けていただくため、接種の予約や接種当日の流れのポイントを動画で紹介しています。

ワクチン接種の流れ(イメージ図)

対象者

鳥取市民(原則、住民票のある市町村で接種します。) ※ 接種は強制ではありません。

接種回数

2回

(注意)1回目と2回目は同じ種類のワクチンを接種する必要があります。2回目の接種は1回目の接種を受けてから一定の期間を空けて行います。

ワクチンについてはこちら 厚生労働省ホームページ

接種費用

接種費用は無料です。

接種方法

1.接種予約開始頃、住所地に接種券が届きます。

2.接種を希望される場合、事前予約が必要です。

3.「実施医療機関一覧(PDF/307KB)」をもとに予約してください。

4.予約方法は以下のとおりです。

  個別接種の場合:直接医療機関へ電話で予約

  集団接種の場合:専用サイトからウェブ予約、または鳥取市新型コロナワクチン接種専用ダイヤルへ電話で予約

集団接種の予約は「ワクチン接種専用ダイヤルへの電話」か「ウェブ予約」のみです。窓口での予約はできません。

12月から予診票が新しくなりました

  •  1・2回目接種に使用する予診票が新しくなりました。

  12月1日以降に接種する場合は、こちらに掲載する予診票をご利用ください。
   予診票(PDF/346KB)

接種券の再発行

接種券を紛失した方や、転入により鳥取市の接種券を希望される方は、以下の方法で申請をお願いします。
※添付書類等に不備がある場合は、追加の資料をお願いする場合があります。

窓口での申請
郵送での申請
  •  申請書Word版(30KB) / PDF版(67KB)
  •  本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)の写し
  •  委任状Word版(28KB) / PDF版(74KB)
    ※代理で申請する場合は委任状が必要です。
  •  書類の郵送先
    〒680-0845 鳥取市富安2-138-4 鳥取市保健所保健医療課 新型コロナワクチン接種対策室
電子申請

スマホやPCからも申請できます。
電子申請はこちら
※2回接種済の方は電子申請では受付できません。
 通常、2回の接種を終えた方には接種券を再発行していません。

 接種を受けた会場から指示があったなど、2回の接種を終えた後に再発行が必要な方は、本人確認書類と2回接種したことを証する書類(予診票・接種記録書など)を持参して窓口にお越しください。

当日キャンセルへの対応指針について

 5月27日付けで「鳥取市新型コロナウイルスワクチン廃棄防止指針」を制定しました。

 当日キャンセル等で急きょ余剰のワクチンが発生した場合は、指針に基づいてワクチンの廃棄防止に努めます。

  鳥取市新型コロナウイルスワクチン廃棄防止指針(PDF/57KB) 令和4年3月4日一部改正

キャンセル分ワクチン接種協力バンクについて

集団接種会場において、体調不良などの理由で急なキャンセルが生じた場合に余ったワクチンを無駄なく使用するため、ワクチンに余りが出た場合に接種にご協力いただける方を募集します。詳しくは以下の画像をクリックしてください。

キャンセル分ワクチン接種協力バンク

ページトップへ

接種時期

 市内全域を対象とした接種は、5月下旬より順次開始しました。接種順位の表で時期をご確認ください。

接種順位

 お知らせ

  個別接種の場合:直接医療機関へ電話で予約 (実施医療機関一覧(PDF/307KB)

  集団接種の場合:専用サイトからウェブ予約、または鳥取市新型コロナワクチン接種専用ダイヤルへ電話で予約


 国の示す接種順位に沿って、以下のとおり接種を行っています。

対象者 接種開始時期
  • 65歳以上の高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた方)

市内全域を対象

  • 集団接種会場での接種:5月22日(土)より開始
  • 医療機関での接種:5月24日(月)より開始

(佐治地域75歳以上のみ4月下旬より開始しています。)

  • 60歳~64歳の方(昭和32年4月2日~昭和37年4月1日の間に生まれた方)

市内全域を対象

  • 集団接種会場での接種:6月30日より受付開始
  • 医療機関での接種:6月30日より受付開始
  • 基礎疾患を有する方(※)、高齢者施設等の従事者

(※)基礎疾患を有する者とは、以下のいずれかにあてはまる方です。

1 次の病気等で通院又は入院をしている方
慢性の呼吸器の病気
慢性の心臓病(高血圧を含む。)
慢性の腎臓病
慢性の肝臓病(肝硬変等)
インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
染色体異常
重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
睡眠時無呼吸症候群
重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

 2 BMIが30以上の肥満の方
【BMI】肥満度を表す指標として国際的に用いられている体格指数で、[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で求められます(身長はcmではなくmで計算します)。
※ BMI 30の目安:身長170cmで体重87kg以上の方、身長160cmで体重77kg以上の方

市内全域を対象

  • 集団接種会場での接種:7月12日より受付開始
  • 医療機関での接種:7月12日より受付開始
  • 12歳以上の児童・生徒(小・中・高校生)

市内全域を対象

~12歳以上のお子様と保護者の方へ~(PDF/2MB)

※令和3年7月1日以降に12歳になる方には、誕生日の翌週に接種券を発送しています。

  • 集団接種会場での接種:7月19日より受付開始
  • 医療機関での接種:7月19日より受付開始
  • 50歳から59歳の方(昭和37年4月2日~昭和47年4月1日の間に生まれた方)

市内全域を対象

  • 集団接種会場での接種:7月26日より受付開始
  • 医療機関での接種:7月26日より受付開始
  •  49歳以下の方(昭和47年4月2日以降に生まれた方)

※基礎疾患を有する方、高齢者施設等の従事者、児童・生徒を除く

市内全域を対象

  • 集団接種会場での接種:8月10日より受付開始
  • 医療機関での接種:8月10日より受付開始

副反応について

 主な副反応は、注射した部分の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。また、まれに起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。詳しくは、厚生労働省ホームページをご確認ください。また、医学的、専門的な内容は県の新型コロナワクチン相談センターへお問い合わせください。

鳥取県新型コロナワクチン相談センター(副反応など医学的、専門的な内容)

【お願い】電話番号をよく確認して、電話のかけ間違いにご注意ください。 

電話番号:0120-000-406

FAX番号:0857-50-1033

受付時間:平日、土日祝 9時~17時15分

新型コロナワクチン接種後のチラシ(PDF/760KB)

接種後の副反応への対処方法等について動画公開中!(厚生労働省制作)

新型コロナワクチンQ&A ワクチンの安全性と副反応(厚生労働省ホームページ)

予防接種法に基づく医療機関からの新型コロナワクチンの副反応疑い報告状況(鳥取県ホームページ)

新型コロナワクチンの副反応疑い報告について(厚生労働省ホームページ)

 接種後に気になる症状を認めた場合は、ワクチン接種を受けた医療機関やかかりつけ医などにご相談ください。

予防接種健康被害救済制度について

 万一、接種によって障がいが残るなどの健康被害が生じ、厚生労働大臣に認定された場合は、予防接種法に基づく救済が受けられます。認定には審査があるため、救済制度の申請を行っても必ず給付されるとは限りません。詳しくは、厚生労働省ホームページをご確認ください。

 なお、医療機関が発行する診断書などの必要書類にかかる費用は自己負担です。また、予防接種で通常起こりうる軽い症状(一時的な発熱や局部の腫れなど)について、申請を妨げるものではありませんが一般論として該当しないものと考えられます。

 予防接種健康被害救済制度について(厚生労働省ホームページ)

お問い合わせ方法

鳥取市のコールセンターを設置しました。(令和3年3月2日)

鳥取市新型コロナワクチン接種専用ダイヤル

【お願い】電話番号をよく確認して、電話のかけ間違いにご注意ください。 

電話番号:0857-30-8535

FAX番号:0857-20-3981(聴覚障がいがあるなど、電話予約が難しい場合はFAXでの予約も可能です。)

受付時間:平日、土日祝 8時30分~17時15分

ページトップへ


【人権への配慮】本人の同意なく、ワクチン接種が行われることはありません

 新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は、ご本人の同意が必要です。接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について、情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。ご本人の同意なく、接種が行われることはありません。

 職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない方に差別的な扱いをすることがないようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について(人権推進課)

ページトップへ

ワクチン接種に便乗した詐欺にご注意

【要注意】ワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください!

ページトップへ

鳥取市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画について

 本実施計画は、ワクチン接種を希望される市民のみなさまに円滑なワクチン接種が実施できるよう、安全かつ確実なワクチン接種体制を整えるために策定するものです。

鳥取市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画(改訂版)(PDF/4MB)(令和4年7月22日改訂)

鳥取市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画(改訂版)(PDF/4MB)(令和4年5月25日改訂)

鳥取市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画(改訂版)(PDF/3MB)(令和4年3月25日改訂)

鳥取市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画(改訂版)(PDF/3MB)(令和4年2月21日改訂)

鳥取市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画(改訂版)(PDF/2MB)(令和3年12月1日改訂)

鳥取市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画(初版)(PDF/2MB)(令和3年3月25日策定)

鳥取県の新型コロナワクチン接種に向けた県の状況

ページトップへ

新型コロナワクチン接種に向けた国の状況

国のワクチンの確保状況

米国モデルナ社ワクチン、英国アストラゼネカ社ワクチン、米国ファイザー社ワクチンの供給を受けることとなっています。

国の広報(厚生労働省・官邸ホームページ)

厚生労働省の電話相談窓口が設置されました。(令和3年2月15日)
厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター 
電話番号:0120-76-1770 (フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分

ページトップへ

災害発生時等における新型コロナワクチン集団接種の対応について

 地震や風水害が発生したときや、大雨、洪水、暴風等の警報が発表、または発表される恐れがある場合等は、市民の方の安全を確保するため、新型コロナワクチン集団接種を延期することがあります。その場合は別途振替日をお知らせいたします。

 

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市新型コロナワクチン接種専用ダイヤル
電話番号:0857-30-8535
FAX番号:0857-20-3981

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?