鳥取市

【車両火災発生】カセットボンベ類は、使い切って穴を開けて出してください登録日:

カセットボンベによる車両火災事故が発生しています!

 令和3年3月9日(火)午後、本市桂見地内で小型破砕ごみを収集したごみ収集車両荷台において火災が発生しました。車両備え付けの消火器では火がおさまらず、消防車による消火活動により、ようやく火が消し止められました(この火災によるけが人はいませんでした。)。

 車両に積載されたごみを確認した結果、ごみステーションに適切な廃棄方法で出されていなかったカセットボンベが火災の原因と考えられます。

 スプレー缶やカセットボンベをごみステーションに出される際は、次のことを必ず守ってください。

  (1)中身を使い切る。

  (2)火気のない風通しのいい屋外で穴を開け、ガスを抜く。

 ごみを出す人の安全や地域の火災を防ぐことはもとより、ごみ収集従事者やごみ処理施設職員の安全のためにも、適切な廃棄方法を徹底していただきますようお願いします。

 火災にあった車両の様子

        火災にあった車両の様子 

 

 チラシはこちら →→→→ チラシ(PDF/535KB)

 

 

このページに関するお問い合わせ先

環境局 廃棄物対策課
電話番号:0857-22-8111(コールセンター)
FAX番号:0857-20-3918

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?