鳥取市

令和3年度 民間提案制度(自由提案型)の公募について更新日:

≪審査結果をお知らせします≫

 募集期間中に1事業者から提案をいただきました。

 事務局による書類審査、審査委員会による提案審査を行った結果、採用することとしました。

 今後、採用された本件について事業化に向けた協議を進めていきます。

 

採択された案件

〇提案事業名 PFSを活用した施設維持管理に係わるコスト適正化コンサルティング

〇提案者   株式会社プロレド・パートナーズ

〇提案概要  PFS(成果連動型民間委託契約)を活用し、公共施設の施設維持管理のコストを下げるコンサルティングを行う。

以下、募集内容 ~現在、募集期間外です~

 

 鳥取市では、民間事業者等から本市の公共施設マネジメントに貢献する提案を募集します。

 「自社のノウハウを生かせば解決できる!自分のアイディアでもっと施設を活かせる!」という民間事業者の皆さんの思いを是非ご提案ください。

 民間事業者の皆様から、創意工夫あるアイデアをお待ちしています!

       ※昨年度募集しました【施設再生型】については、別途募集予定です。 

1 趣旨

 

 本市は、公共施設の統廃合や民営化、指定管理者制度導入など、公共施設の更新問題の解決に向け、様々な取り組みを行っています。

 その一環として、平成29年10月に策定した「鳥取市公共施設整備等におけるPPP導入検討指針」に基づき、民間活力(ノウハウや技術力等)を最大限に活かした公共施設マネジメントを推進するため、『民間提案制度』を導入しました。

 

2 制度概要

 

 この民間提案制度は、民間事業者から本市が保有する公共施設に関する提案を求め、本市の公共施設マネジメントに貢献する提案を選定し、民間事業者と本市との協議を経て事業化を図るものです。

 また、提案内容を知的財産として捉え、その情報の保護に加え、提案した者との随意契約を前提とした制度です。

 ただし、本制度は解除条件付きの制度であり、民間事業者との各種協議が成立した場合においても、予算案件等が議会で承認されない等の事由により、本事業が実施できなくなった場合には、本件は事業化されません。

 

3 募集する提案内容

 全ての公共施設に関して、市民サービスの向上、維持管理コストの削減、資産の有効活用による増収などに資するものであれば自由に提案可能です。

≪例えば…≫ 

 ■現状の経費を削減し、削減分を収入とする。

  ・バラバラに行っていた複数の類似事業を纏めて効率化する。

  ・新しい技術や手法の導入により経費の削減を行う。      など

 ■市民サービスを提供しつつ、収入を得る。

  ・未利用の土地等で市民サービスを提供し収入を得る

   ※市民サービス(地域経済の活性化、地域課題解決、福祉の向上 など)

 

4 募集期間等

 

募集要項の公表

令和3年4月1日(木)

事前質問・現地調査の受付

令和3年4月1日(木)~6月18日(金)

事前対話の受付 令和3年4月1日(木)~6月25日(金)

提出書類の受付

令和3年6月21日(月)~7月1日(木)

書類審査(参加資格審査)

令和3年7月上旬

提案審査

令和3年7月中旬~下旬

審査結果の通知・公表

令和3年8月上旬~中旬

 

5 公共施設データ

 公共施設の位置、基本情報は下記サイトより閲覧可能です。

 とっとり市地図情報サービス

 https://gis.city.tottori.lg.jp/webgis/?p=1

6 募集要項・様式

 募集要項及び様式については、以下からダウンロードしてください。

 

このページに関するお問い合わせ先

総務部 資産活用推進課 施設経営係
電話番号:0857-30-8136
FAX番号:0857-20-3948

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?