鳥取市

鳥取市は「SDGs未来都市」に選定されました更新日:

鳥取市は、2021年5月21日、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた、優れた取組、提案を行う自治体として「SDGs未来都市」に選定されました。

深澤市長

※「SDGs未来都市」とは

持続可能な開発⽬標(SDGs)の推進に向け、内閣総理大臣を本部長とする「SDGs推進本部」において、⾃治体によるSDGsの達成に向けた取り組みを推進するために、平成30年度に創設されました。

SDGsの理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に、経済・社会・環境の三側⾯における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市・地域として選定されるものです。

SDGs未来都市選定証

SDGs未来都市選定所証

内閣総理大臣メッセージ

SDGs未来都市に選定された皆様へ

選定証授与式(オンライン)

選定証授与式(オンライン)

深澤市長コメント

本日、内閣府より、令和3年度「SDGs未来都市」の選定について発表があり、本市提案の『サステナビリティ×イノベーションで「農村から真の持続可能なまち」を実現する』が優れた内容と認められ、「SDGs未来都市」に選定されました。

本市ではこれまでも、持続可能な環境保全に向けたまちづくりや、持続可能な活力ある農業のまちづくり、人が集う交流と連携のまちづくりを進めてきました。

今回の提案では、経済・社会・環境の三側面を繋ぎ、高い相乗効果を生み出す本市の取組が、SDGsの達成に向けた優れた内容として評価されたものと受け止めております。

今後は、SDGs未来都市として目指すゴールへ向けて、市民、企業、団体等の多様なステークホルダーと連携・協働しながら、「生産性の高い次世代農業の育成支援」「新たな電源供給モデルの実用化支援」「新たなワーケーションプログラムの創出支援」など、具体的な施策を進めていき、「いつまでも暮らしたい、誰もが暮らしたくなる、自信と誇り・夢と希望に満ちた鳥取市」の実現に向けて、取り組んでまいります。

 

SDGs未来都市計画(令和3年8月2日策定)

SDGs未来都市に認定された都市は、国とも連携しながら提案内容をさらに具体化し、3年間の計画を策定し、実施することとされています。
このたび、本市において今後3年間の取り組み計画を策定しましたので、公表します。

このページに関するお問い合わせ先

経済観光部 企業立地・支援課
電話番号:0857-20-3223
FAX番号:0857-20-3947

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?