鳥取市

高収益作物次期作支援交付金について(第4次公募)登録日:

 令和3年1月から3月に発令された新型コロナウイルス感染症のまん延防止のための緊急事態宣言に伴う影響により売上減少の影響を受けた高収益作物について、国内外の新たな需要等に対応する観点から、次期作に前向きに取り組む農業者を支援する国の交付金制度です。

 今回の支援対象品目となる高収益作物

   令和3年1月から3月に、豊作等の影響によらず、緊急事態宣言の再発令により市場取扱金額が平年の2割以上減少した月のある、

全国で支援対象品目となる以下の高収益作物

   メロン、つまもの類(わさび、穂じそ等)、香酸カンキツ(すだち、かぼす、ゆず等)、切り花

 今回の公募での主な変更点

  (1)支援対象期間は、緊急事態宣言が発令された令和3年1月から3月

  (2)支援対象面積は、支援対象品目のうち令和3年1月から3月に出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった場の合計面積が上限

  (3)交付額は、支援対象品目に係る令和3年1月から3月の農業者の減収額の8割が上限

  (4)収入保険の加入者は、収入保険の保険金等を算定する際に本交付金の交付額を収入として計上

  (5)収入保険の未加入者は、加入に向けて共済組合と保険設計の相談等を行うことが要件

 支援対象となる農業者

  令和3年1月から3月の支援対象品目の売上が、基準年(前々年もしくは平年)の同時期より減少した農業者

 支援内容

(1)次期作の支援単価

 ・基本単価     :5万円/10a 中山間地域5.5/10a

 ・高集約型品目の単価:80万円/10a又は25万円/10a

  ※高集約型品目は、単位面積当たりの経営費が著しく高い施設栽培の品目切り花など)に限ります

   また、この場合の施設は加温装置(空調装置)又はかん水装置がある施設に限ります(いわゆる雨よけハウスは除きます)

(2)次期作における取組項目

取組類型 取組項目
ア 生産・流通コストの削減に資する取組 (1) 機械化体系の導入
(2) 集出荷経費の削減に資する資材等の導入
イ 生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する経費 (3) 品目・品種等の導入
(4) 肥料・農薬等の導入
(5) かん水設備等の導入
ウ 土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組 (6) 土壌改良・排水対策の実施
(7) 被害防止技術の導入
エ 作業環境の改善に資する取組 (8) 労働安全確認事項の実施
農業機械への安全装置の追加導入、ほ場環境改善・軽労化対策の導入
オ 事業継続計画の策定の取組 事業継続計画の策定等

           ※5万円の取組みは(1)~(8)から2つ選択、80万円・25万円の取組みは(3)は必須、(1)~(7)から1つ選択

 交付対象面積及び交付額の算定

 ・交付上限額

    支援対象品目における令和3年1月から3月の売上減少額の8割

 ・交付対象面積

    農地台帳等の公的資料に記載された場面積を基に確認した面積でって、支援対象品目の作付面積のうち、令和3年1月から3月の出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかったほ場の面積上限として、次期作における高収益作物の作付面積のうち、定められた取組項目の中から2つの取組を選んで同一ほ場において実施する面積

 ・取組実施者(農業者)への交付額

    次のABのうち小さい額   A 交付上限額   B 交付対象面積×支援単価

申請方法

  鳥取市農業再生協議会が申請の取りまとめを行います。

  申請は下記(1)~(2)の様式と出荷伝票等の証憑書類をご準備いただき、下記の問合わせ先にご提出ください。

 (1)交付申請書・取組計画書・参考様式(Excel/41KB)

 (2)口座届出書(Word/20KB)

 (3)案内チラシ(PDF/249KB) 

 申請期限

  令和3年7月27日(金)まで

 問合わせ先

 JA鳥取いなばに共販出荷されている、またはJA直売所へ出荷されている方:最寄りのJA鳥取いなば各支店

 JA鳥取いなばに共販出荷されていない方:鳥取市農業再生協議会事務局(鳥取市農林水産部農政企画課内)(0857-30-8304)

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?