鳥取市

「18歳から大人」消費者庁特設ページについて更新日:

 平成30年6月の民法改正により令和4年4月1日から民法上の成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。成年に達すると、つまり、成人になると保護者の同意なしに契約などができるようになります。

 その一方、今までは18歳、19歳であれば、未成年者取消権が認められていましたが、令和4年4月1日からは、未成年者取消権が認められなくなります。例え学生や生徒であったとしても、「18歳から大人」として行動することが求められます。

 消費者庁では、間近となった成年年齢引下げを見据え、若年者の消費者被害の防止・救済等のため「18歳から大人」特設ページを設けて関連する情報を掲載しています。

消費者庁「18歳から大人」特設ページ

消費者庁公式LINEアカウント「消費者庁 若者ナビ!」開設について

「18歳から大人」4省庁クレジット入り啓発チラシ

契約のルールや被害回復の制度を知る


参考:民法改正について

今回の民法改正は多岐にわたっています。その中には消費生活にかかわるものも多くあります。

 

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部市民総合相談課 鳥取市消費生活センター
電話番号:0857-20-3863
FAX番号:0857-20-3919

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?