鳥取市

台風第14号が接近しています!強風や洪水、土砂災害に注意しましょう!登録日:

洪水や土砂災害などの風水害は毎年、全国各地で発生しています。

土砂災害などから身を守るためには、災害を他人事ではなく自分のこととして捉え、備えを進めることが大切です。

【鳥取市広告】迷わず避難しましょう!(PDF/1269KB)

台風第14号の接近に当たっての注意事項

台風第14号は、18日の未明から明け方にかけて、鳥取県に最も接近する見込みです

17日夜遅くから大雨、強風に十分注意してください。強い風が吹く中での外出は、非常に危険です。

風が強くなる前に、住宅の周りなどを点検し、飛びやすいものは片付けるなど、事前の備えを心がけましょう

・防災マップ等で自宅周辺の災害リスクや避難場所などを確認しましょう。
強い風が吹く中での外出は、非常に危険です。早め早めの行動を心がけましょう。
・自宅が安全なら「在宅避難」、危険な場合は避難所に加え、安全な知人や親戚宅等への避難も考えてみましょう。
・避難情報や気象情報の入手方法を確認しておきましょう。

鳥取市総合防災マップについてはこちらをクリック

最新の気象情報について

最新の気象情報はこちら ⇒ 気象庁公式ウェブサイト

過去に鳥取市内で発生した風水害

鳥取市においても、過去、長雨や台風などにより風水害が発生しています。

令和2年度には、令和2年9月25日から27日にかけて気圧の谷や湿った空気の影響で断続的に雨の降る天気のなか、26日に、気圧の谷が通過した昼過ぎから夕方にかけて大気の状態が非常に不安定となり、鳥取市佐治町では、14時の1時間降水量が46mm、15時には40.5mmとなり、土砂流出や崩落などによる道路の通行止めや、土砂流入などによる工場の一部損壊が発生しました。

 

 国道482号線の被災状況(佐治町尾際地内)              

R20926国道482号 

 

 県道鱒返余戸線の被災状況(佐治町余戸地内)

R20926県道鱒返

 

佐治川余戸地点の水位推移状況(出典:鳥取県防災情報システム河川監視カメラ提供システム)

降雨前(令和2年9月20日13時32分) 降水量ピーク直前(令和2年9月26日13時32分) 降水量ピーク(令和2年9月26日14時32分)
R20920_1332佐治川余戸 R20926_1332佐治川余戸 R20926_1432佐治川余戸

土砂災害の種類と前兆現象

土砂災害には、山腹や川底の石、土砂が長雨や集中豪雨によって一気に下流へと押し流される「土石流」、斜面の地表に近い部分が、雨水の浸透や地震等でゆるみ、突然、崩れ落ちる「がけ崩れ」、斜面の一部あるいは全部が地下水の影響と重力によってゆっくりと斜面下方に移動する「地すべり」があります。

1日ごとの降水量が少なくても、数日に渡り雨が降り続いた場合、土砂災害が発生する恐れがあります。特に数日の雨ののち、急に雨の勢いが増した場合は、普段より多少多い程度でも土砂災害が発生する危険性が高まりますので、注意が必要です。

また、土砂災害が発生する前には、様々な前兆現象が起こる時があります。

こうした前兆現象に気づいたら、周囲の人にも伝え、直ぐに避難をすることが大切です。

土石流

土石流

 

がけ崩れ

がけ崩れ

 

地すべり

地すべり

 

早めに行動するための情報収集

突発的に発生する土砂災害は、正確に予測することが難しい災害です。また、発生すると避難する時間はほとんどありません。

このため、自ら正しい防災情報を取得して行動することや、非常時に備えて、日頃から準備をすることが大切です。

自宅の土砂災害への危険度を知る

土砂災害による被害を防止するため、警戒避難体制を整備すべき区域には、「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年5月8日法律第57号)」(以下、土砂災害防止法という)に基づく、「土砂災害警戒区域(イエロー区域)」「土砂災害特別警戒区域(レッド区域)」が指定されています。

これらの情報は、「鳥取市総合防災マップ」等により確認できますので、事前にご自宅の周辺の状況を確認してください。

土砂災害警戒区域(イエロー区域)

崖崩れや土石流などの土砂災害が発生した場合には、住民等の生命又は身体に危害が生じるおそれのあると認められる土地の区域です。

「土砂災害特別警戒区域(レッド区域)」

イエロー区域のうち、土砂災害が発生した場合には、建築物に損壊が生じ住民の生命又は身体に著しい危害が生じるおそれがあると認められる土地の区域です。

土砂災害説明  2020総合防災マップ

※上の地図は例示用のイメージです。

迅速かつ正確な避難情報等の入手

鳥取市では、防災行政無線や防災ラジオなど、複数の緊急情報伝達手段を整備しています。

災害が起こった時には、避難情報等の緊急情報を入手できるように、個々人が準備・確認し、予想される被害に備えておくことが自分の身を守ることにつながります。また、災害時には人づてに誤った情報が流れることがありますので、出所がわからない情報に惑わされないようにしましょう。

防災行政無線

緊急情報を市内に設置したスピーカーを使って放送します。ただし、屋内にいる時や、気象条件などで聞き取れないことがありますので、鳥取市公式ウェブサイトや「鳥取市防災ラジオ」等、複数の手段で情報を入手できるように準備しましょう。

鳥取市防災ラジオ

災害時などに鳥取市が緊急情報を発信した際、ラジオ局(FM鳥取:82.5MHz)の電波を利用して、自動で起動するラジオです。

また、平時は一般のラジオとして利用可能です。

鳥取市防災ラジオ 

販売価格 2000円(税込) 

※販売店舗は 「鳥取市防災ラジオ」について をご確認ください。

 

このページに関するお問い合わせ先

危機管理部 危機管理課
電話番号:0857-30-8033
FAX番号:0857-20-3042

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?