鳥取市

県外の学校を受験した受験生のPCR検査費用を助成します(令和3年9月1日受付開始分)登録日:

 鳥取市では、PCR検査の検査費用(自主検査費用分)を助成します。
 

 受験生等が県外大学等を受験し帰省した後の自主的に受けるPCR検査に係る費用を補助することにより、PCR検査を受けやすい環境を整備し、受験生等が日常生活を営む上での不安の解消及び受験生等の経済的な負担軽減を図ります。
 

対象者

 〇鳥取県外の大学、短期大学、専門学校、高等専門学校、高等学校、中等教育学校、中学校を受験する鳥取市内在住の受験生
 〇受験生の付き添いで県外へ同行された鳥取市内在住の方1名以内

補助額

PCR検査の検査費用に要した実費の内、5,000円/件を超える費用(上限額:2万円)
※申請は1人の受験生について2回まで可能

補助対象となる検査

令和3年9月1日から令和4年3月31日までに受けたPCR検査(自主検査のみ)
ただし、鳥取市に戻った日から14日以内に検査したもの
※県内のPCR検査を実施する医療機関等については、鳥取県HPを御参照ください。
(ただし、県外医療機関など、どこの医療機関で受けられたPCR検査も対象となります。)

申請について

(1)申請期間 令和3年9月1日から令和4年4月14日まで
(2)申請方法 「e-鳥取市役所」とっとり電子申請サービス、郵送または持参
(3)提出書類 「鳥取市受験生等PCR検査費用補助金交付申請書兼請求書」(Word/22KB)
(4)添付書類
 (a)受験票など県外大学等を受験したことが確認できる書類またはその写し
 (受験した県外大学等、受験場所(会場)・受験した日の分かるものまたはその写し)
 (b)PCR検査領収書等支払内容が確認できる書類またはその写し
    ※領収書は、検査を受けた方の氏名がわかるもの
 ※保護者等がクレジットカード払い等で支払われた場合は、クレジット等の明細書(金額がわかるもの)と、検査を受けた方の氏名がわかるもの
 ※領収書の宛名が同行者の方で、同行者とは別の方が申請者となる場合は、申請者が領収書等に「同行者であることを確認し申請」などその旨を
    記載してください。
 (c)通帳(口座番号・口座名義・フリガナが分かる部分)等の写し

 ※領収書に「PCR検査料」などの記載が無い場合は、診療明細書などのPCR検査を受けたことがわかる書類も添付してください。

申請方法 次の(1)か(2)のいずれかで申請

(1)「e-鳥取市役所」とっとり電子申請サービスの専用フォームに必要事項を入力し、上記申請についての(4)記載の添付書類の画像データ添付の上、オンラインで申請。

 〇「e-鳥取市役所」とっとり電子申請サービス


(2)「鳥取市受験生等PCR検査費用補助金交付申請書兼請求書」(Word/22KB)に必要事項を記入し、上記申請についての(4)添付書類を添え、郵送または持参での申請。
 ※「【記載についての注意事項】補助金交付申請書兼請求書」(PDF/158KB)を御確認ください。

 提出先:鳥取市企画推進部政策企画課 〒680-8571 鳥取市幸町71

 

新型コロナウイルス感染症は、潜伏期間が最長2週間、多くは5日程度と言われています。
PCR検査で感染の有無が確認できますが、その時点で陰性であっても、その後に陽性となる可能性があります。このことから自主検査で行うPCR検査は、県外から帰宅されてから5日以上、日にちを空けて実施することをお勧めします。
併せて、帰宅されてから2週間は外出を控えていただくなど感染対策を徹底していただきますようお願いします。
なお、万が一、陽性となった場合は、直ちに医療機関や保健所へ連絡し指示を受けてください。

※発熱等の症状がみられたときは、かかりつけ医等の身近な医療機関に相談し、受診方法や注意事項を御確認ください。

このページに関するお問い合わせ先

企画推進部 政策企画課
電話番号:0857-30-8012
FAX番号:0857-20-3040

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?