鳥取市

令和4年度高齢者肺炎球菌感染症の予防接種のお知らせ登録日:

高齢者肺炎球菌感染症の予防接種は、肺炎球菌が原因となる肺炎の重症化防止に有効です。

高齢者肺炎予防接種のご案内は、平成26年10月から行っています。

鳥取市では、国の定める対象年齢であって、以前に予防接種をされた記録が鳥取市にない方全員に通知を送付しています。

令和4年度の対象者

鳥取市に住民票があり、次の(1)又は(2)に該当される方のうち、過去に肺炎球菌ワクチン(23価肺炎莢膜ポリサッカライドワクチン)を接種したことがない方が対象です。

(ただし、この予防接種は義務ではなく、接種を希望される方に行うものです。)

(1) 令和4年度中に、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方(下記の生まれの方)

 大正11年4月2日 ~ 大正12年4月1日  の生まれの方 (100歳)

 昭和  2年4月2日 ~ 昭和  3年4月1日  の生まれの方 (95歳)

 昭和  7年4月2日 ~ 昭和  8年4月1日  の生まれの方 (90歳)

 昭和12年4月2日 ~ 昭和13年4月1日  の生まれの方 (85歳)

 昭和17年4月2日 ~ 昭和18年4月1日  の生まれの方 (80歳)

 昭和22年4月2日 ~ 昭和23年4月1日  の生まれの方 (75歳)

 昭和27年4月2日 ~ 昭和28年4月1日  の生まれの方 (70歳)

 昭和32年4月2日 ~ 昭和33年4月1日  の生まれの方 (65歳)

  •  令和4年4月上旬に接種券を送付していますので、ご確認ください。


(2) 60~65歳未満の方のうち、心臓、腎臓、呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方 

  • 各障がいについて身体障害者手帳1級を有する方:令和4年4月上旬に接種券を送付しています。
  • 各障がいについて身体障害者手帳1級と同程度と証明された方:ご希望により接種券を発行します。

接種期間

令和4年4月1日から令和5年3月31日まで(医療機関の休診日は除く)
 

自己負担金

  1. 市民税課者、市民税課税者と同一世帯の方…2,300円
  2. 世帯員全員が市民税非課税の方…800円
  3. 生活保護世帯の方及び中国残留邦人の方…無料

※世帯員全員が市民税非課税の方で接種券に記載の自己負担金が2,300円になっている方は、申請により自己負担金を減額することができます。

<申請に必要なもの>

減免申請をする場合は、下記のものを揃えて鳥取市保健所保健医療課へ郵送するか、窓口にて申請してください。

  1. 申請書 様式(Word/42KB) 記入例(PDF/171KB)
  2. 鳥取市が発行した接種券
  3. 申請者の本人確認書類の写し(免許証など)
  4. (※前年度1月2日以降の転入者の方)非課税証明書の写し
  5. (非課税証明書がない方)税情報確認に関する同意書 様式(Word/38KB)
  6. (申請者以外が申請する場合は)委任状 様式・記入例(Word/31KB)

注意事項

  1. 接種を希望される方は医療機関に事前に予約をしてください。また、必ず接種券を医療機関に提出してください。
  2. 接種券を紛失した場合は、予防接種を受ける前に、鳥取市保健所保健医療課で接種券の再発行手続きをしてください。(予防接種を受けた後では、再発行はできません。)
  3. 同時期にコロナウイルスワクチンを接種する場合は、接種間隔について医師にご相談ください。
  4. 予防接種は必ず体調の良い時に受けに行きましょう。

市外で予防接種を受ける場合の手続について

定期予防接種は、原則として鳥取県東部に所在する契約医療機関(鳥取県中部の医療機関の一部とも、契約しています)で実施しますが、やむを得ない理由がある場合には、県外等で予防接種を受けることもできます。

予防接種実施依頼書について

予防接種実施依頼書は、鳥取市長が他市町村長又は医療機関の長あてに定期予防接種の実施を依頼することで、副反応等の健康被害があった際の責任の所在を明確にするものです。

予防接種実施依頼書が必要な方は、「予防接種を受ける医療機関」「実施依頼書の宛名(市町村長又は医療機関の長)」を確認の上、鳥取市へ申請してください。

費用の助成について

契約外の医療機関で予防接種を受けた場合は、窓口で接種費用を全額お支払いいただきます。

その後、鳥取市が定める自己負担金を超える接種費用を支払った場合には、その超えた部分について費用の助成を受けることができます(助成額には、上限があります。)。

<申請に必要なもの>

費用の助成申請をする場合は、下記のものを揃えて鳥取市保健所保健医療課へ郵送するか、窓口にて申請してください。

  1. 申請書 様式・記入例(Excel/91KB)
  2. 医療機関の発行した領収書原本で、接種費用の明記されたもの
  3. 接種済証の写し
  4. 鳥取市が発行した接種券
  5. (申請者以外が申請する場合は)委任状 様式・記入例(Word/31KB)
  6. (窓口で申請する場合は)印鑑、振込先口座のわかるもの

<申請期限>

令和4年度中に予防接種を受けた場合の申請期限は、令和5年4月5日(水)必着です。

高齢者肺炎球菌感染症予防接種の制度について

高齢者肺炎球菌感染症の予防接種は、平成26年10月1日より定期接種となりました。

制度の対象となるのは、国が定める対象年齢の方で、今までに一度も肺炎予防接種(23価肺炎莢膜ポリサッカライドワクチン)を受けたことがない方です。

各年度の対象年齢は、以下の通りです。

(1)各年度の対象年齢の方

平成27年度から令和5年度

各年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方

(101歳以上の方は、平成26年度・平成31年度に対象となります。)

令和6年度以降

満65歳の方(予定)

(2)60~65歳未満の方のうち、心臓、腎臓、呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(各障がいについて身体障害者手帳1級を有する方)

対象年齢の方には、鳥取市から通知兼接種券を送付しますので、ご確認の上、予防接種をお受けください。

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 保健医療課 予防接種担当
電話番号:0857-30-8640

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?