鳥取市

新型コロナウイルス感染症の療養期間について(令和4年9月9日から適用)登録日:

療養期間は症状の有無等により、次のとおりですのでご確認ください。

1 症状が有る陽性者の場合

(1) 在宅療養などの方 (下記(2)以外の方))

・発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24 時間経過した場合には8日目から解除を可能とします。

 ※ 症状軽快とは、解熱剤を使用せずに、解熱しており、呼吸器症状が改善傾向である場合をいいます。
 
・在宅療養等している方のうち、人工呼吸器等による治療を行った場合はこの療養期間になりません。この場合の療養期間については、当治療を行った医療機関などにご相談ください。

・療養解除になっても10 日間が経過するまでは感染リスクが残存します。次のとおり、感染予防行動をお願いします。

 検温など自身による健康状態の確認、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

 

(2) 現に入院している方(高齢者施設に入所している者を含む →従来から期間変更ありません。

・発症日から10 日間経過し、かつ、症状軽快後72 時間経過した場合に11日目から解除を可能とします。

2 症状が無い陽性者の場合

  • 検体採取日から7日間を経過した場合には8日目に療養解除を可能とします(従来から変更なし)
  • 加えて、5日目の検査キットによる検査(※)で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に解除を可能とします。ただし、7日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

(※)検査キットは、薬事承認された抗原定性検査キットでお願いします。また自費検査でお願いします。

(イメージ) 陽性だった場合の療養解除について(厚生労働省ホームページより)

療養期間

 

療養期間中の外出について

 必要な方には、陽性者コンタクトセンター等から食料品等を配送するので、食料品等の買い出しはできる限り控えていただくようお願いします。ただし、やむを得ず外出されるのは、有症状の場合で症状軽快から24時間経過後又は無症状の場合に限ることとし、正しいマスクの着用など基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。

やむを得ず外出する場合の具体的な感染防止対策
  • 外出時や人と接する際は短時間とする
  • 移動時は公共交通機関を使わない
  • 外出時や人と接する際に必ずマスクを着用する

 

療養解除後のPCR検査は必要ありません

 新型コロナウイルス感染症に感染した方が、療養解除後に、自身が陰性であることを確認するために、再度、無料検査機関にてPCR検査を受検する事例が増えております。

 PCR検査は、ウイルスの遺伝子を見る検査方法であり、回復しても体内に残っている感染性のないウイルスの遺伝子を拾ってしまうことから、療養解除後、数週間から数か月「陽性」と出ることがあります。

 しかし、療養解除後は「陽性」が出たとしても、他人に感染を拡げることは、ほとんどありません。

 療養解除後に勤務等を再開するにあたって、職場等にPCR検査等(抗原定性検査キット等)による陰性証明等を求められる場合があるかと思いますが、提出する必要はありません。

 ご理解の程、よろしくお願いします。

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?