鳥取市

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)症例の発生について

ID:1625302776865

提供年月日:2021年7月3日

担当課:鳥取市保健所 保健医療課

担当者:大塚、羽田

外線番号:0857-30-8531

内線番号:6039

 令和3年7月3日、重症熱性血小板減少症候群(SFTSSevere Fever with Thrombocytopenia Syndrome)の発生届出が
ありましたのでお知らせします。なお、本症の県内発生は3例目です。

項 目

内   容

患 者

80代 女性

住所地

鳥取市

経 過

6月30日 医療機関を受診(けいれん)
7月 1日 医療機関を再診、入院
発熱(38℃)、意識障害、肝機能障害を認める
7月 2日 症状継続
      
血小板減少、白血球減少を認める
7月 3日 県衛生環境研究所で検査を実施し、SFTS確定
現在、患者は入院治療中

 ※患者は発症前、畑でほぼ毎日のように作業を行っている。

山林での作業、農作業及びレクリエーションで野山や畑等に出かけるときは、マダニに刺されないよう次のことに注意してください。
○ 肌を出来るだけ出さないよう長袖、長ズボン、手袋等をしましょう。
○ 肌が出る部分や服の上からダニ忌避剤(ディート剤)を噴霧しましょう。
○ 服は、ダニの付着が目立つ、白い色にしましょう。
○ 地面に直接寝転んだり、腰を下ろしたりしないよう敷物をしきましょう。
○ 服にダニが付着している可能性があるので、車や自宅に入る前に服をはたき、帰った後はすぐ入浴し、体を良く洗い、新しい服に
 着替えましょう。
○ 野山などに出かけられた後、体にマダニに刺されたと疑われる刺し口がみられ、発熱等の症状が出た場合は、速やかに医療機関を
 受診してください。

 

<参考>重症熱性血小板減少症候群について
1 発生状況
 平成23年に中国で初めて特定された、SFTSウイルスに感染することにより引き起こされる病気で、ウイルスを保有しているマダニ
に咬まれることで感染します。
 
ウイルス自体は以前から国内に存在していたと考えられますが、平成25年1月に山口県で国内初の感染事例が確認されて以降、
毎年60~90名前後の患者が報告されています(平成25年3月には感染症法上の四類感染症に指定)。

 全国では、令和2年12月30日現在、573名の患者が報告されており、県内では令和2年6月8日に初めてSFTS症例が確認され、
同年8月25日に県内2例目が確認されています。

2 感染経路
 多くの場合、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染しますが、稀に血液等の患者体液との接触により人から人へ
の感染や
発症した犬や猫から人へ感染する事例が報告されています。
 

3 症状
 マダニに咬まれてから6日から2週間程度の潜伏期間を経て、主に発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が出現し、
時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ
節腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)を起こします。

4 対処方法
 
治療は対症療法しかなく、有効な薬剤やワクチンはありません。

 

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?