鳥取市

2018.09.19 支所地域の活性化と人口を増やす方策について 1820-A0036-003登録日:

受付日: 2018.09.19   分類: 企画・企画一般・新市まちづくり

タイトル
支所地域の活性化と人口を増やす方策について

内容
 旧鳥取市の人口が増えても、地域の活性化にはつながらない。中山間地域の人口を増やすように、移住定住の促進をしてもらいたい。
 旧町村に共通しているのは、65歳以上の高齢化率が高く、0~29歳の人口が800人以下の町村が大半だということ。若者が旧市や県外に流出しているからだろう。食い止める方策を考えないといけない。少子化も克服しなければならない。
 地域起こし協力隊も都会から来てもらい、農業とかを体験してもらい、移住してもらえるようにしてもらいたい。U-I-Jターンを各支所でやってもらわなければならない。
 合併して面積だけは広くなり、管理する物も増えたが、人口や税収が減っては元も子もない。合併して良かったと思われる行政をやってもらいたい。
 

回答
 地域振興局地域振興課は、主に中山間地域の活性化及び、移住定住促進業務を行っています。
 ご指摘のとおり、本市の人口は、平成17年をピークに減少傾向となっており、少子高齢化が一層進行しているとともに、公共交通機関の維持・耕作放棄地・後継者問題・など、特に支所エリア(旧町村)において様々な課題を抱えています。
 本市においては、平成22年度に「中山間地域対策強化方針」を定め、真に必要な施策を協議・検討し事業実施してきました。また、平成26年度に「新市域振興ビジョン」を策定し、支所ごとに振興計画を立て取り組みを進めてきたところです。
 一方で、移住定住関連施設についても重要施策として位置づけており、平成18年度から相談窓口を開設し、また、平成28年度には移住・定住情報交流ガーデンを設置して相談体制を強化するなどして、本年9月末までに2,815人に移住していただいています。その他、移住定住者への支援策としては、住宅改修や家財道具処分費の補助、奨励金の交付、家賃の支援などを実施しています。
 さらには、移住を検討されている方々に、「お試し定住体験施設」で鳥取暮らしを試して頂く取り組みを実施するとともに、地域おこし協力隊の配置により、隊員の定住、定着を図ることや、地域力の維持強化や地域活性化の活動に取り組んでいます。
 今後とも、移住者のニーズを的確に把握し、移住者向け空き家の発掘・提供、無料職業紹介など多面的なサポートや受け入れ体制を整え、移住定住の促進に努めていきます。

  
 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   企画推進部地域振興局 地域振興課
 (電話番号:0857-20-3185)
 (E-Mail:chiikishinko@city.tottori.lg.jp)




このページに関するお問い合わせ先

市民生活部 市民総合相談課
電話番号:0857-30-8181
FAX番号:0857-20-3919

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?