鳥取市

2018.10.30 カジノ特区を鳥取に設けるよう国に提案 1820-A0041-001登録日:

受付日: 2018.10.30   分類: 企画・企画一般・中心市街地活性化

タイトル
カジノ特区を鳥取に設けるよう国に提案

内容
  市政発展のため、ご提案いたします。
  鳥取市にカジノ特区が出来れば、景気刺激の起爆剤となるでしょう。例えば空洞化が問題になっている鳥取駅前地域に創ってはどうでしょうか。  「カジノ合法化」完全実施。国に求めていただけますでしょうか。

  そしてもう一つご提案したいのが、「宝くじ国債」の発行を国に提案していただくことが、次の主要な市政発展のための議題となるでしょう。
 

回答
 カジノ施設につきましては、特定複合観光施設(IR)区域整備法における「特定複合観光施設(IR)」の定義が、カジノ施設と①国際会議場施設、②展示施設等、③我が国の伝統、文化、芸術等を活かした公演等による観光の魅力増進施設、④送客機能施設、⑤宿泊施設等で構成される一群の施設であって、民間事業者により一体的に設置・運営されるものとされています。また、周辺環境や市民生活等への多大な影響も懸念されることから、行政として直接的に設置や誘致に取り組むことは考えていません。
 鳥取駅周辺を含む中心市街地の活性化につきましては、「第3期鳥取市中心市街地活性化基本計画(平成30年度~34年度)」に基づき、「①地域資源等を活かした交流人口の拡大」、「②回遊・滞在による経済活力の向上」、「③若年層のまちなか暮らしの促進」を目標に掲げ、各種事業を推進しているところです。特に、鳥取駅前エリアについては、中核市の玄関口にふさわしい駅前の姿・賑わいの実現に向け、関係機関等とともに検討を行っていく予定です。
 宝くじ国債につきましては、民間投資の促進による地域経済活性化の手法として、参考とさせていただきます。

   【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
    企画推進部 政策企画課
   (電話番号:0857-20-3153)
   (E-Mail:kikaku@city.tottori.lg.jp)


ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?