○鳥取市水道局臨時的任用職員に関する規程

昭和48年4月13日

鳥取市水道事業管理規程第2号

(目的)

第1条 この規程は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条第5項の規定による臨時的任用職員の任用、給与、服務等に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(任用)

第2条 任用は、鳥取市職員任用規則(昭和35年鳥取市規則第16号)第13条により任用するものとする。

(任用期間)

第3条 臨時的任用期間は、6月を超えない期間とする。ただし、管理者がその必要を認めた場合に限り6月を超えない期間で更新することができるが、再度更新することができない。

(本条…全部改正〔平成元年水道規程5号〕)

(職名)

第4条 職名は、臨時的任用職員とする。

(見出…全部改正〔平成17年水道規程5号〕)

(給与)

第5条 臨時的任用職員の給与は、日額の賃金とする。

2 前項の賃金のほか、次に掲げる手当に相当する賃金を支給することができる。

(1) 通勤手当

(2) 時間外勤務手当

(3) 期末手当

3 前2項における賃金の額は、水道局職員との均衡を考慮して管理者が定める。

4 第1項第2項第1号及び同項第2号の賃金は、特別の事情のない限り、前月の11日から支給日の属する月の10日までの分を水道局職員の支給期日に支給する。

5 第2項第3号の手当に相当する賃金は、水道局職員の例による。

(本条…全部改正〔平成元年水道規程5号〕、4項…一部改正〔平成17年水道規程5号〕)

(旅費及び時間外勤務手当)

第6条 臨時的任用職員が公務のため旅行したときは、一級の職務の職員に対するこれらに関する規定を準用する。

2 やむを得ず時間外勤務を命ずる場合は、鳥取市水道局職員の勤務1時間当たりの給与額に関する規程(昭和44年鳥取市水道事業管理規程第9号)の定めにより算出した額を支給するものとする。

(1項…一部改正〔昭和60年水道規程5号〕)

(公務災害補償)

第7条 公務災害補償については、労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号)の定めるところにより補償する。

(服務等)

第8条 臨時的任用職員の服務及び勤務条件については、水道局に勤務する職員の例による。

(福利及び厚生)

第9条 臨時的任用職員は、健康保険、厚生年金保険及び雇用保険にそれぞれの法律の定めるところにより加入させる。

(本条…一部改正〔昭和60年水道規程5号〕)

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和48年4月1日から適用する。

(昭和49年水道規程第12号の改正附則省略)

附 則(昭和60年12月27日水道規程第5号)

この規程は、公布の日から施行する。ただし、改正後は第6条の規定は昭和60年7月1日から適用する。

附 則(平成元年6月16日水道規程第5号)

この規程は、公布の日から施行し、平成元年4月1日から適用する。

附 則(平成17年3月31日水道規程第5号)

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

鳥取市水道局臨時的任用職員に関する規程

昭和48年4月13日 水道事業管理規程第2号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第14編 公営企業/第2章 水道事業/第2節 人事・給与等
沿革情報
昭和48年4月13日 水道事業管理規程第2号
昭和49年11月29日 水道事業管理規程第12号
昭和60年12月27日 水道事業管理規程第5号
平成元年6月16日 水道事業管理規程第5号
平成17年3月31日 水道事業管理規程第5号