このページではJavaScriptを使用しています。

木造住宅耐震診断等のご案内

 

平成29年度鳥取市震災に強いまちづくり促進事業について

 震災に強い安全・安心なまちづくりを目的として昭和56531日以前に建築又は着工された一戸建ての住宅の耐震診断、耐震設計及び耐震改修費用、住宅以外の一般建築物の耐震診断費用、共同住宅等の耐震診断、耐震設計及び耐震改修費用の一部を助成します。

 

○平成29年度の実施予定

事業内容

募集期間 注1

募集数 注2

申込書等 注3

 

耐震診断(無料)     注4

 7月10日~7月21日

40

申請書.pdf

申請書.doc

耐震診断(一部助成)   注5 

 529日募集開始

10

申請書.pdf

申請書.doc

耐震設計(一部助成)   注6

 529日募集開始 

(事前にご相談ください)

10

申請書.pdf

申請書.doc

耐震改修(一部助成)  注6,7

 529日募集開始 

(事前にご相談ください)

7

申請書.pdf

申請書.doc

耐震診断(一部助成)   注8

 529日募集開始 

(事前にご相談ください)

1棟 

窓口に相談してください

耐震設計(一部助成) 注8

 529日募集開始

(事前にご相談ください)

1棟

窓口に相談してください

耐震改修(一部助成)   注8

529日募集開始

(事前にご相談ください)

1棟

窓口に相談してください

一般建築物 耐震診断(一部助成) 注9

529日募集開始

(事前にご相談ください)

2棟

申請書.pdf

申請書.doc

 

注1,2)募集は先着順で募集戸数に達し次第締め切りとさせていただきます。(予算が限られていますので、申請者全てに予算措置されるものではないことをご承知おきください。)

注3)申込みには条件等がありますので、案内を確認のうえお申込みください。(不明な点は建築指導課までご相談ください。)

注4)木造2階建て以下、延べ床面積220㎡以下に限ります。

注5)非木造の一戸建ての住宅も申込できます。

注6)平成12年5月31日以前に着工されたもので、耐震診断の結果耐震性が不足すると判定されたものも申込できます。(新耐震の必要壁量を満たしているもののうち、H12告示1352号に定める軸組の設置の基準を満たしていない場合またはH12告示1460号に定める継手及び仕口の構造方法の基準を満たしていない場合に限ります。)

注7)耐震改修を検討される方は、あらかじめ金額の見積書を持参して相談してください。ただし、耐震改修については耐震診断及び耐震設計が完了しているものに限ります。

注8)共同住宅(長屋を含む)の耐震診断、耐震設計、耐震改修を検討される方は、あらかじめ金額の見積書を持参して相談してください。ただし、耐震改修については耐震診断及び耐震設計が完了しているものに限ります。

注9)一般建築物の耐震診断を検討される方は、あらかじめ金額の見積書を持参して相談してください。

 

 

◆助成の案内

耐震診断・設計・改修について(助成内容の案内)

鳥取市震災に強いまちづくり促進事業補助金交付要綱

 

◆耐震関係リンク

 鳥取県HPへ

   木造耐震化業者一覧(県登録業者)

     住宅を強くて安く補強する方法(低コスト耐震改修工法)

 財団法人日本建築防災協会

  誰でもできる我が家の耐震診断

 

 

 

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 建築指導課
電話0857-20-3281
FAX0857-20-3048
メールアドレスkensido@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ