このページではJavaScriptを使用しています。

 子宮頸がん予防ワクチンの接種について

 子宮頸がん予防ワクチンの予防接種は平成25年4月1日から、予防接種法に基づく定期予防接種として実施されています(対象者小学校6年生から高校1年生に相当する女子、接種回数3回)

 

 しかし、平成29年4月現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種は積極的にお勧めしていません。このため、鳥取市からも接種券を郵送していません。

 

ワクチンの効果や安全性・国の方針等については、厚生労働省のホームページで御確認いただけますので、ワクチンの有効性とリスクを十分に理解した上で、受けるかどうかご判断ください。

 

 

子宮頸がん予防ワクチンQ&A / 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html

 

 

 

厚生労働省リーフレット「HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ」

 

 

厚生労働省リーフレット「HPVワクチンを受けるお子様と保護者の方へ」

 

 

 

接種を希望する方は、定期接種として接種を受けることが可能です。

接種の際に必要な接種券や予診票を交付しますので、鳥取市中央保健センター窓口へ、母子健康手帳・申請する保護者の身分証明書をお持ちの上でご来所ください。

 

 

 

感染症・予防接種専門相談窓口

 

 

電話番号 : 03-5276-9337

 

受付時間 : 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時

         (祝日、年末年始を除きます)

 

 

上記相談窓口は、子宮頸がん予防ワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般についてのご相談を受け付けています。(行政に関するご意見やご質問は受け付けていません。)

厚生労働省が業務委託している外部の民間業者により運営されています。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
健康こども部 中央保健センター
電話0857-20-3191
FAX0857-20-3199
メールアドレスhokencenter@city.tottori.lg.jp