このページではJavaScriptを使用しています。

違法な不用品回収行為にご注意ください!不法投棄やトラブルにつながります。

近年、新聞の折り込みチラシやご家庭のポストに「無料で不用品を回収します。」等と記載したチラシを配布し、軽トラック等で地域を巡回したり、空き地で不用品を回収する業者が見受けられます。

 

                       

このような不用品回収行為には、無許可で行われている場合があり、下記のようなトラブルが発生しています。

 

 (トラブルの一例)

・無料と思っていたら、後で有料と言われた。

 

・不用品を積んだ後、高額な料金を請求された。

 

・回収後の不用品が不法投棄され、依頼主の住所や連絡先が書かれていたことから、警察から依頼主に連絡が行き、トラブルに巻き込まれた。 

 

・不用品回収業者に自己所有の土地を貸したところ、不用品を放置したまま、音信不通になってしまった。等

 

このようなトラブルに巻き込まれないよう、下記の「大型ごみ受付センター」や「鳥取市一般廃棄物収集・運搬、中間処理許可業者」で処理依頼をしてください。(品目毎で処理料金がかかりますので、個別にご確認ください。)

 

 

 

 また、不用品の違法回収行為や不適正処理が原因で、国内外で不法投棄等による環境汚染や健康被害が発生しています。

 

 不用品の適正処理は、本市の環境保全の一助となりますので、市民の皆様のご協力をお願いします。

 

 

 

・処理依頼先について


 

「大型ごみ受付センター」、「鳥取市一般廃棄物収集・運搬、中間処理許可業者」は、以下でご確認ください。(文字をクリックされますと、ご確認できます)

 

 ・大型ごみ受付センターの申込方法と納付券取扱店舗

 

 ・鳥取市一般廃棄物収集・運搬、中間処理許可業者一覧

 

 

 

・エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機について


 

 エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の特定家電4品目は、家電リサイクル法(正式名称「特定家庭用機器再商品化法」)に基づいた適正処理が必要です。

 

 

下記でご確認ください。(文字をクリックされますとご確認できます。)

 

 

特定家電について

 

 

 

 

無許可での廃棄物の不用品回収行為は法律で禁止されています。


 

・事業者が、家庭などから出される(一般廃棄物)を収集するためには、市町村の「一般廃棄物処理業の許可」が必要です。

 

産業廃棄物処理業の許可、古物営業の許可、貨物運送事業の許可のみでは、一般廃棄物を収集・運搬・処分することができません。

 

 

 

 無許可で廃棄物の不用品回収を行った場合、最高で5年以下の懲役、又は、3億円以下の罰金に処せられます。

 

 

・ただし、古紙、くず鉄、空きびん類、古繊維といった、専ら再生利用が目的となる一般廃棄物の収集・運搬・処分は無許可でも行うことができます。なお、廃家電はくず鉄には該当しません。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
環境下水道部 生活環境課
電話0857-20-3218
FAX0857-20-3045
メールアドレスkankyo@city.tottori.lg.jp