このページではJavaScriptを使用しています。

29年度風しん予防接種費用助成事業のお知らせ

鳥取市では、妊婦さんや生まれてくる赤ちゃんを風しんから守るため、風しん予防接種費用を助成しています。

 

対象者

鳥取市に住民登録があり、次の(1)または(2)のいずれかに該当する方

(1)妊娠を予定または希望している満19歳から50歳未満※1の女性のうち、風しん抗体価検査の結果、抗体価が低い方※2
※1 年齢基準日を平成30年3月31日とし、昭和43年4月2日から平成11年4月1日の間に生まれた方が対象となります。

※2 「風しん抗体価が低い」とは、HI法による検査結果が16倍以下またはEIA法による検査結果が8.0以下もしくは国際単位30IU/ml以下。

(2)妊娠している女性の夫

 

助成対象の接種期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

申請の受付期間

平成29年4月1日から平成30年4月6日まで

助成対象となるワクチンの種類

「麻しん風しん混合ワクチン」または「風しんワクチン」のいずれか※

※「麻しん風しん混合ワクチン」と「風しんワクチン」 の違い

どちらのワクチンも、風しんに対する免疫をつける効果に違いはありません。

「風しんワクチン」は風しんだけを予防するのに対し、「麻しん風しん混合ワクチン」は風しんに加え、麻しん(はしか)に対する免疫をつけることができます。

 

助成額

上記いずれかのワクチンの接種費用を一人1回に限り、全額助成します。

申請の年度を問わず、過去に本事業による助成を受けたことがある方は対象となりません。

 

助成申請までのながれ

【年度年齢19~50歳未満の女性の場合】

1.まず、保健所や医療機関等で風しん抗体価検査をお受けください。(前回の妊娠の際に風しん抗体価検査を実施しており、その際の値が低く、ワクチン接種を勧められている場合は、別途検査をする必要はありません。)


2.1の検査の結果、抗体価が低くワクチン接種を勧められた方は、ご希望の医療機関にワクチン接種の予約をし、接種をお受けください。(医療機関の指定なし)

3.医療機関の窓口で、いったん接種費用全額を支払い、領収書※を受け取ってください。

 ※接種したワクチンの種類(風しんワクチンまたは麻しん風しん混合ワクチン)がわかる領収書

4.下記「申請方法」に沿って鳥取市へご申請ください。

 

【妊娠している女性の夫の場合】

1.ご希望の医療機関にワクチン接種の予約をし、接種をお受けください。(医療機関の指定なし)

2.医療機関の窓口で、いったん接種費用全額を支払い、領収書※を受け取ってください。

  ※接種したワクチンの種類(風しんワクチンまたは麻しん風しん混合ワクチン)がわかる領収書

3.下記「申請方法」に沿って鳥取市へご申請ください。

 

申請方法

窓口での申請の場合

受付窓口に直接お越しいただいてお手続きください。

 受付窓口 : 鳥取市中央保健センター・鳥取東健康福祉センター・各総合支所市民福祉課(国府支所を除く)

 受付時間 : 平日午前8時30分から午後5時15分

 携  行  品 : 領収書、印鑑、通帳等振込先口座番号及び口座名義人がわかるもの

女性の対象者においては風しん抗体価検査の結果がわかるもの(医療機関等からの結果通知、または前回妊娠の際の風しん抗体価検査結果が記載された母子手帳など)妊婦の夫においては、妻が妊娠していることが分かるもの(母子手帳など)

※原則として、接種を受けられたご本人の口座へのお振込みとさせていただきます。

 

郵送での申請の場合

下記送付書類をそろえ、ご郵送ください。

 送付書類 : 鳥取市風しん予防接種費用助成金交付申請書(下記よりダウンロード可)領収書、※女性の対象者においては風しん抗体価検査の結果がわかるもの(医療機関等からの結果通知、または前回妊娠の際の風しん抗体価検査結果が記載された母子手帳など)の写し。妊婦の夫においては、妻が妊娠していることが分かるもの(母子手帳などのコピー)

※原則として、接種を受けられたご本人の口座へのお振込みとさせていただきます。

 

 送  付  先 : 〒680-0845

          鳥取市富安2丁目104-2 鳥取市中央保健センター  予防係



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
健康こども部 中央保健センター
電話0857-20-3191
FAX0857-20-3199
メールアドレスhokencenter@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)