このページではJavaScriptを使用しています。

交通事故など第三者から傷病を受けたとき(第三者行為求償)

 

国民健康保険に加入している人(被保険者)が

 

  交通事故(自転車事故も)

  傷害事件(不当な暴力行為を受けるなど)

  他人のペットに咬まれる

  飲食店などで発生した食中毒

  スキー・スノーボードなどの接触事

 

などの理由で「第三者(加害者)」から被害を受けて医療機関にかかった場合でも、保険証を使って治療を受けることができます。ただし、その医療費は、本来であれば加害者が全額支払うべきものであるため、保険者(鳥取市)は、自己負担額を除いた医療費を一時的に立て替え、治療が終わった時点で事故等の原因となった過失割合によって計算し、あとで保険会社や加害者に請求します。しかし、届出がなければ、国保のお財布から医療費が支払われたままとなり、鳥取市が損失を受けることになります。

 

国保加入者の保険料で賄われている大切な医療費です。交通事故などで保険証を使って治療を受ける場合は、国保の窓口へ「第三者行為による被害届」の提出(※)を必ずお願いします。(届出は代理人でもできます。)

 

※手続き方法や届出に必要な書類など、まずは下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

 

 

届出に必要なもの

  国民健康保険証

  印鑑(認印)

  交通事故証明書(後日提出でも可)

  個人番号が確認できるもの

   (マイナンバーカードなど)

松葉杖

 

 

「示談」はくれぐれも慎重に!

「示談」では、その契約日をもって、互いに今後一切の請求を行わないことで合意するケースが多く、その契約日以降に交通事故等の後遺症が出たとしても、その治療に係る費用を加害者に請求できない場合があります。くれぐれも示談は慎重に。また、心配なことがあれば、示談の前に下記までご相談ください。

 

 

 

様式集(ダウンロード)

  第三者行為による傷病届 【 Excel(19KB)PDF(79KB) 】 

  事故発生状況報告書 【 Excel(27KB)PDF(94KB)

  同意書 【 Excel(16KB)PDF(65KB)

  交通事故証明書入手不能理由書 【 Excel(14KB)PDF(60KB)

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 医療費適正化推進室
電話0857-20-3441
FAX0857-20-3407
メールアドレスtekisei@city.tottori.lg.jp