鳥取市保健所 > 食品衛生 > 食品表示 > 食品の表示

食品の表示

 鳥取市保健所では、食品、添加物、容器包装、品質などの表示が適正かどうかをチェックし、公衆衛生上の安全性と、消費者が飲食料品を購入する際の目安を確保しています。
  食品表示は、主に以下の法律で規制されています。

食品表示法

 飲食による衛生上の危害発生の防止、品質に関する適正な表示、消費者の商品選択に資するための情報表示
 【表示の例】食品添加物、アレルギー物質、原材料名、原料原産地名など

 詳しくは消費者庁ホームページ

景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)

 虚偽・誇大な表示の禁止

 詳しくは消費者庁ホームページ

米トレーサビリティ法

 米の産地情報の伝達

 詳しくは農林水産省ホームページ

 

食品表示についてのパンフレット

 知っておきたい食品の表示(平成28年6月版・消費者向け)

 

加工食品を製造等されている事業者の皆様へ

平成27年4月1日より、食品表示法が施行されました。
それに伴い、平成32年3月31日までに食品表示法に基づいた表示に対応する必要があります。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 生活安全課
TEL:0857-20-3677
FAX:0857-20-3687
メール:shokuhin@city.tottori.lg.jp