鳥取市

令和3年度固定資産税の縦覧・閲覧について更新日:

 

■縦覧制度について

縦覧制度とは、土地または家屋の納税者の方が、土地または家屋の価格等を記載した「縦覧帳簿」をご覧いただき、自分が所有する土地または家屋の価格と他の土地または家屋の価格を比較して、その評価が適正であるかどうかを確認していただく制度です。

●縦覧できる方

市内の土地または家屋の納税者

(資産を所有していても免税点未満等の理由により固定資産税が課税されていない方は縦覧できません)

  • 納税者の同居の家族、相続人、納税管理人の方も縦覧できます。
  • 別居の家族、代理人の方は、 納税者の委任状が必要です。
  • 令和3年1月2日以降に所有者となった方は縦覧できません。

●縦覧できる土地・家屋

土地に対する固定資産税の納税者は、市内の土地について縦覧できます。

家屋に対する固定資産税の納税者は、市内の家屋について縦覧できます。

この制度は自分が所有する土地または家屋の価格と他の土地または家屋の価格を比較して、その評価が適正であるかどうかを確認していただく制度であるため、土地のみを所有している方は家屋の、家屋のみを所有している方は土地の縦覧はできません。

 また、「将来購入予定の特定の土地の評価額が知りたい」「市内にある物件すべてを縦覧したい」など縦覧制度の趣旨から逸脱する場合は、縦覧をお断りすることがあります。

●縦覧できる事項

土地:所在地、地目、地積、評価額、都市計画区域(市街化・調整・その他)

家屋:所在地、家屋番号、種類、構造、床面積、建築年、評価額

※ 縦覧帳簿のコピーおよび写真撮影はできません。書き写しは差し支えありません。

●縦覧できる場所

市役所 本庁舎2階 税総合窓口(21番窓口)

各総合支所 市民福祉課

●縦覧できる期間

4月1日(木) から  5月31日(月) まで

午前8時30分から午後5時15分(土日祝日を除く)

●料金

無料

●必要なもの

本人確認ができるもの(運転免許証、健康保険証、住基カードなど)

  • 法人の場合は上記の他に、 委任状または法人印をお持ちください。
  • 別居の家族、代理人の方は 委任状が必要です。

【関連事項】

Q&A 縦覧制度とはどのようなものですか?

■固定資産課税台帳の閲覧

固定資産の納税義務者は自分が所有する固定資産について、固定資産課税台帳を閲覧することができます。

●閲覧できる方

市内の土地または家屋または償却資産の納税義務者

  • 納税義務者の同居の家族、相続人、納税管理人の方も閲覧できます。
  • 別居の家族、代理人の方は、 納税義務者の委任状が必要です。
  • 借地・借家人の方は賃貸借契約書を提示していただければ、該当する資産のみ閲覧することができます。
  • 令和3年1月2日以降に売買等により所有者となった方は、売買が完了していることが確認できる書類(登記簿謄本等)をお持ちください。売買契約書のみでは閲覧ができませんので、ご注意ください。

●閲覧できる場所

市役所 本庁舎2階 税総合窓口(21番窓口)

各総合支所 市民福祉課

●閲覧できる期間

価格の登録を公示した日(令和3年4月1日)以降

午前8時30分から午後5時15分(土日祝日を除く)

●料金

無料

※縦覧期間中は無料で課税台帳のコピーをお渡しします。ただし、借地・借家人および1月2日

  以降に売買等により所有者となった方は除かれ、閲覧のみとなります。

●必要なもの

本人確認ができるもの(運転免許証、健康保険証など)

  • 法人の場合は上記の他に、 委任状または法人印をお持ちください。
  • 別居の家族、代理人の方は 委任状が必要です。
  • 借地・借家人の方は賃貸借契約書が必要です。

【関連事項】

Q&A 閲覧制度とはどのようなものですか?

●過年度の固定資産課税台帳の閲覧

過年度の固定資産課税台帳の閲覧もできます。ただし、平成29年度以降の分に限ります。(コピーが必要な場合は証明を請求してください)

資産の所在

H29年度~R2年度

鳥取市内

  

本庁舎2階 税総合窓口(21番窓口)

および

各総合支所市民福祉課

 

このページに関するお問い合わせ先

税務・債権管理局 固定資産税課
電話番号:0857-30-8156
FAX番号:0857-20-3920

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?