鳥取市

鳥取市不妊治療費助成金(追加助成)更新日:

 不妊に悩み不妊治療を受ける夫婦が年々増加している中で、医療保険が適用されず、高額の治療費を負担している現状があります。

 鳥取市では、経済的負担により子どもを諦める夫婦がないよう、安心して子どもを産み育てる環境づくりを行うことを目的として、国基準及び県単独制度に上乗せ助成を行っています。

1 特定不妊治療費助成金(追加助成)

対象者

 特定不妊治療を受けられた法律上の婚姻をしている夫婦であって、特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込がないか又は極めて少ないと医師に診断された方で、次の要件をすべて満たす方。

  1. 国基準または県単独助成金(体外受精及び顕微授精)の交付決定及び額の確定を受けた方
  2. 申請者が鳥取市内に住所を有する方

助成内容

助成金額

  1. 国基準による交付決定を受けた方

算定基準額から国基準助成額を控除した額(上限額50,000円)

ただし、凍結肺移植(治療方法C)を実施した場合は、上限額25,000円

2. 県単独による交付決定を受けた方

算定基準額から県単独助成額を控除した額(上限額25,000円)

申請期間

 原則、国基準又は県単独制度の助成金交付決定がなされた日の属する年度内(4月1日から翌年3月31日まで。土日、祝日を除く。)に申請ください。

 ただし、2月1日から3月31日までの間に上記交付決定がなされた場合は、翌年度の5月31日まで申請をすることができます。

2 人工授精費助成金(追加助成)

対象者

人工授精による不妊治療を受けられた法律上の婚姻をしている夫婦であって、次の要件をすべて満たす方。

  1. 県制度の人工授精助成金の交付決定及び額の確定を受けた方
  2. 申請者が鳥取市内に住所を有する方

助成内容

算定基準額から助成額を差し引いた額の5分の2(1円未満端数切捨て)、1年度につき合計上限額40,000円

通算2年度まで助成

申請期間

原則として、県制度の交付決定通知の交付された日の属する年度内(4月1日から翌年3月31日まで。土日、祝日を除く。)に申請をしてください。

ただし、2月1日から3月31日までの間に県決定通知の交付がなされた場合は、翌年度の5月31日まで申請をすることができます。 

追加助成の申請手続き

鳥取市保健所健康・子育て推進課で、国基準または県単独制度の助成申請の際に、あわせて申請できます。

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 健康・子育て推進課 子育て支援係
電話番号:(0857)30-8584
FAX番号:(0857)20-3965

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?