鳥取市

入院時の食事代について登録日:

入院時の食事代は、次のとおり定額負担となります。

区分

食事代(1食あたり)

住民税課税世帯 460円
住民税課税世帯のうち小児慢性特定疾病患者、指定難病患者 260円
住民税非課税世帯、低所得者II(70~74歳) 90日までの入院 210円
過去12か月で90日を超える入院 160円
低所得者I(70~74歳) 100円

※低所得者Iは、住民税非課税世帯の70~74歳の人で、その世帯員の各所得が必要経費等の控除後(年金は収入額から80万円を控除して計算)に0円となる人。

※低所得者IIは、I以外の住民税非課税世帯の70~74歳の人。

ご注意ください

  • 「小児慢性特定疾病の医療受給者証」または「指定難病の特定医療費受給者証」をお持ちの方は、入院時に医療機関に提示してください。
    各証の詳細については、下記のリンク先をご覧ください。
    小児慢性特定疾病医療費助成制度 (鳥取市保健所)
    難病の医療費助成制度について(鳥取県健康政策課)
  • 住民税非課税世帯(低所得者I、IIを含む)の方は、医療費が高額になりそうなときをご参照いただき、「限度額適用・標準負担額減額認定証」または「標準負担額減額認定証」の交付を受けてください。証を医療機関の窓口に提示することで、食事代の減額が受けられます。
  • 入院時の食事代は、高額療養費の対象となりません。
  • 本来払うべき単価よりも高い単価で支払っていた場合、申請により差額を支給できる場合がありますので、ご相談ください。

このページに関するお問い合わせ先

福祉部 保険年金課 国民健康保険係
電話番号:0857-22-8111(コールセンター)
FAX番号:0857-20-3906

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?