鳥取市

風しんの抗体検査及び風しんの第5期予防接種の実施について更新日:

鳥取市では、予防接種法の定めにより風しんの抗体検査と予防接種を行います。

対象者

鳥取市に住民登録があり、昭和37(1962)年4月2日から昭和54年(1979)年4月1日までの間に生まれた男性※注のうち、風しん抗体検査の結果、風しん抗体価が低い方

※上記の対象に当てはまらない方で、任意接種を希望される方はこちらをご覧ください

※実施日時点で住民登録がある市区町村が発行するクーポン券のみ使用できます。 

 市外に転出された方は、手続き後は鳥取市のクーポン券は使用できないため、転出先の市区町村の担当課にお問い合わせください。

 

接種期間

平成31年4月1日から令和7年3月31日まで

 

対象となるワクチンの種類

「麻しん風しん混合ワクチン」または「風しんワクチン」のいずれかです。

原則として、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)での接種をすることにしています。

風しん単独ワクチンを希望される方は、接種される医療機関でお申し出ください。

 

※「麻しん風しん混合ワクチン」と「風しんワクチン」 の違い

どちらのワクチンも、風しんに対する免疫をつける効果に違いはありません。

「風しんワクチン」は風しんだけを予防するのに対し、「麻しん風しん混合ワクチン」は風しんに加え、麻しん(はしか)に対する免疫をつけることができます。

 

抗体検査・予防接種までのながれ

1.通知・クーポン券を確認

令和4年4月初旬に、対象者のうち下記(1)(2)に該当する方に新しい期限のクーポン券を送付しています。

 (1)令和4年1月までにクーポン券未使用の方

 (2)抗体検査を受け予防接種対象となったが未接種の方

 

クーポン券をなくされた場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

 

2.風しん抗体検査

クーポン券・本人確認書類(住所が確認できるもの)を医療機関や健診会場※注)に持参し、風しん抗体検査を受けます。

風しん抗体価が低い方が、予防接種の対象になります。

※検査当日に結果が判明する検査キット(風しんイムノクロマト法迅速キット)による検査は、全国の一部の医療機関にて実施されています。鳥取県内の実施機関においては、現在は実施されていない状況です。 詳細は「風しんイムノクロマト法迅速キットの活用に関する研究」webサイト内、「協力医療機関一覧」をご覧ください。

3.風しん予防接種

クーポン券・本人確認書類・抗体検査の結果を医療機関※注)。に持参し、予防接種を受けます。

※注)クーポン券を使用できる医療機関等のリストは厚生労働省ホームページで確認できます。

この事業に参加している全国の医療機関等で受けられます。(医療機関によってはかかりつけのみ等の場合もあります。)

事前にご確認のうえ、予約をしてください。

 

予防接種によって健康被害が生じた場合

万が一、接種によって障がいが残るなどの健康被害が生じ、厚生労働大臣に認定された場合は、予防接種法に基づく救済が受けられます。

詳しくは、本市ホームページの「予防接種健康被害救済制度について」をご確認ください。

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 保健医療課 予防接種推進係
電話番号:0857-30-8640

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?