このページではJavaScriptを使用しています。

ブロック塀の安全点検をしましょう

 平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とした地震では、ブロック塀が倒壊し2名の尊い命が失われました。また、倒壊したブロック塀は道路をふさぎ、被災者の避難や救助活動の妨げにもなります。

 ブロック塀は私的財産であり、所有者の責任において管理することが基本となりますので、もし事故が発生した場合は所有者の責任が問われることになります。

 

 

 

 まずはわが家のブロック塀が安全であるか、国土交通省からのブロック塀の点検のチェックポイントを使って確認してみましょう。

 

        「ブロック塀の点検のチェックポイント」(国土交通省:PDF0.5MB)

 

 

 また、だれでも手軽にできる診断カルテもありますので、併せて自己点検をしてみましょう。

 

 パンフレット 「あんしんなブロック塀をめざして」(一般社団法人日本建築学会:PDF1.2MB)

   ※パンフレットの中に診断カルテがあります。

 

 

 診断結果はあくまでも目安です。危険性がある場合やご心配な場合は、専門家にご相談したうえで、地震に備えブロック塀の撤去、転倒防止対策を行いましょう。

 

 なお、パンフレットは建築指導課及び各総合支所地域振興課の窓口にも置いております。

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 建築指導課
電話0857-20-3281
FAX0857-20-3059
メールアドレスkensido@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ