このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市定期予防接種

 子どもはいろいろな感染症にかかりやすく、また、かかってしまうと症状が重くなることがあります。

そんな感染症の中には、予防接種を受けておくことによって未然に予防できたり、またはかかっても軽い症状で治ってしまうものもあります。

お子さんを感染症から守るため、予防接種の効果や必要性などを理解し、計画的に受けましょう。

  

 予防接種の時期と回数

 

実施方法

対象疾病 (ワクチン)

接 種 対 象 時 期
(標準的な接種時期)

接種回数

集団接種

結核 (BCG)

生後12か月未満
(生後5~8か月未満)

 

★平成25年4月より、接種対象時期が生後6か月未満から12か月未満になりました。

1回

 

個別接種

B型肝炎

※平成28年10月1日から定期接種になりました。

生後満12か月未満

★ただし、平成28年4月1日以降に生まれた方

27日以上の間隔をおいて2回接種した後、第1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回接種する。(合計3回

ヒブワクチン

生後2~60か月未満
(生後2~7か月未満に接種開始)

【接種開始月齢により接種回数が異なります】

1)生後2~7か月未満で開始
1歳になるまでに、27日以上の間隔で初回接種として3回接種し、3回目終了後7か月以上の間隔で追加接種として1回接種(計4回)
★初回接種2・3回目を接種する前に1歳になった場合は、初回接種の続きは行わず、1歳未満で接種した初回接種の最終接種から27日以上の間隔で追加接種を1回受ける。

2)生後7~12か月未満で開始
1歳になるまでに、27日以上の間隔で初回接種として2回接種し、2回目終了後7か月以上の間隔で追加接種として1回接種(計3回)
★初回接種2回目を接種する前に1歳になった場合は、初回接種の続きは行わず、1歳未満で接種した初回接種の最終接種から27日以上の間隔で追加接種を1回受ける。

3)満1歳~5歳未満で開始
1回接種

小児用肺炎球菌ワクチン

生後2~60か月未満
(生後2~7か月未満に接種開始)

【接種開始月齢により接種回数が異なります】

1)生後2~7か月未満で開始
2歳になるまでに、初回接種として27日以上の間隔で3回接種し、生後12か月以降かつ初回接種の最終接種から60日以上おいて追加接種として1回接種(計4回)
★ただし、2回目・3回目の接種は2歳を過ぎたら行わず、追加接種を1回接種して終了とする。また、2回目の接種が1歳を過ぎた場合(2歳未満)は、3回目の接種は行わず、2回目の接種から60日以上の間隔で追加接種として1回接種する。

2)生後7~12か月未満で開始
2歳になるまでに、27日以上の間隔で2回接種し、生後12か月以降かつ初回接種の最終接種から60日以上おいて追加接種として1回接種(計3回)
★ただし、初回接種2回目の接種を受ける前に2歳になった場合は、初回接種の続きは実施せず、追加接種として1回接種して終了とする。

3)満1歳~2歳未満で開始
60日以上の間隔で2回接種

4)満2歳~5歳未満で開始
1回接種

ジフテリア
百日せき
破傷風
ポリオ
(四種混合) 
(不活化ポリオ)

 

初回

四種混合ワクチンあるいは三種混合ワクチン・不活化ポリオワクチンにより接種します。

生後3~90か月未満
(生後3~12か月未満)

20日以上の間隔で3回

追加

四種混合ワクチンあるいは三種混合ワクチン・不活化ポリオワクチンにより接種します。

生後3~90か月未満
(初回3回終了後12~18か月未満)

初回接種終了後6か月以上の間隔で1回

ジフテリア・破傷風
(二種混合)

満11~13歳未満
(満11~12歳未満)

1回

麻しん風しん

 

1期

生後12~24か月未満

1回

2期

小学校就学前年度の1年間

1回

日本脳炎

1期

初回

生後6~90か月未満
(満3~4歳未満)

6日以上の間隔で 2回

追加

生後6~90か月未満
(満4~5歳未満)

初回接種終了後6か月以上の間隔で1回

特例対象者(1)

平成7年4月2日~平成19年4月1日の間に生まれた方で1期3回の接種が完了していない方 【※注1

生後満6か月~20歳未満のうちに未接種の回数に応じて1~3回

特例対象者(2)

平成19年4月2日~21年10月1日の間に生まれた方で1期3回の接種が完了していない方【※注1】

生後満6か月~7歳6か月未満の間 または 9歳から13歳未満のうちに未接種の回数に応じて1~3回(7歳6か月~9歳未満の間は接種できませんのでご注意ください。)

2期

2期

満9~13歳未満
(満9~10歳未満)

1回

特例対象者

平成7年4月2日~平成19年4月1日の間に生まれた方で1期3回完了している9歳以上の方

満9歳~20歳未満のうちに1回【※注2】

子宮頸がん予防ワクチン

★現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種は、積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては、有効性とリスクを理解したうえでお受けください。

小学6年生(12歳になる年度)~高校1年生(16歳になる年度)の女子

受け方がワクチンにより異なります。

1)サーバリックス(2価ワクチン)

1回目
2回目:1回目の接種後、1か月以上の間隔で接種
3回目:1回目の接種から5か月以上かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔で接種

2)ガーダシル(4価ワクチン)

1回目
2回目:1回目の接種後、1か月以上の間隔で接種
3回目:2回目の接種から3か月以上の間隔で接種

水痘

 初回

生後満1~3歳未満

1回

 追加

生後満1~3歳未満

初回接種終了後3か月以上の間隔で1回

【※注1】日本脳炎予防接種【特例対象者】は、平成17年5月以降の接種勧奨中止を受けて、日本脳炎の接種を必要回数完了していない方に対して実施されるものです。

この接種は、予防接種法に基づく定期接種として実施しますが、保護者のご希望に基づき実施しています。接種をご希望になられる方には接種券等を発行しておりますので、中央保健センターへご連絡ください。
【※注2】日本脳炎の1期接種から2期接種は、6日間の間隔を開ければ接種をすることができます。
ただし、1期追加の標準的な接種時期:4~5歳から、2期の標準的な接種時期:9~10歳の間は約5年間ありますので、これから日本脳炎1期の接種を始められる方は、1期終了後約5年後を目安として2期を接種されるのがおすすめです。
しかし、平成17年5月の日本脳炎接種勧奨中止以前に1回あるいは2回の接種をしていた方もありますので、一概にすべての方が1期追加接種後5年後に2期接種を受けるということではありませんので、医師等に相談しながら2期の接種時期を検討してください。

 

 

 

予防接種の注意点

 

集団接種(BCG)

(1)持ち物 : 母子健康手帳・接種券・予診票(必要事項を記入したもの)

(2)会場及び日程 : ※個人通知しています。 (ページ下部よりダウンロードできます) 

(3)諸注意

    • 接種の前に、必ず市からの通知文書や資料、冊子「予防接種と子どもの健康」をよくお読みください。
    • 体調が悪い、発熱(37.5℃以上)している、感染症にかかり治癒後間もないなどのお子さんは、予防接種を受けるのに適していません。予防接種は体調のよい日に受けましょう。
    • BCG接種から次の予防接種までは、27日間以上の間隔が必要です。

 

 

個別接種(BCG以外の予防接種)

(1)持ち物 : 母子健康手帳、接種券、予診票(必要事項を記入したもの)

(2)接種場所 : 個人通知しています。(ページ下部よりダウンロードできます)

(3)諸注意

    • 接種の前に、必ず市からの通知文書や資料をよくお読みください。
    • 体調が悪い、発熱(37.5℃以上)している、感染症にかかり治癒後間もないなどのお子さんは、予防接種を受けるのに適していません。予防接種は体調のよい日に受けましょう。
    • BCG接種、麻しん風しん、水痘予防接種のあと、他の予防接種を受けるには、27日間以上の間隔が必要です。
    • ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、B型肝炎予防接種、四種混合予防接種、三種混合予防接種、二種混合予防接種、日本脳炎予防接種、不活化ポリオワクチン接種のあと、他の予防接種を受けるには、6日間以上の間隔が必要です。

 

 

 

指定医療機関で予防接種を受けることができない場合

 

  保護者の病気や、出産等による里帰り、または何らかの病気で主治医の指示・管理の元で予防接種を受けるためなどの理由で、鳥取県東部の実施協力医療機関で予防接種を受けることができない場合は、鳥取市中央保健センター予防係へ御連絡ください。
 申請により、御希望の医療機関等での接種の手続きを行います。
 

 

 

 予防できる病気の種類

  1. 結核

    BCG接種により、予防できる病気です。

    結核菌の感染でおこります。結核に対する抵抗力(免疫)は、お母さんからもらうことができないため、生まれたばかりの赤ちゃんにも感染する心配があります。

    乳幼児は結核に対する抵抗力(免疫)が弱いので、全身の結核症にかかったり、結核性髄膜炎になることもあり、重い後遺症を残す可能性もあります。
     

  2. B型肝炎
    B型肝炎ウイルスの感染でおこります。
    B型肝炎ウイルスの感染を受けると、急性肝炎となりそのまま回復する例もあれば慢性肝炎となる場合もあります。また、症状としては明らかにならないままウイルスが肝臓の中に潜み、年月を経て慢性肝炎・肝硬変・肝がんなどになることがあります。ことに年齢が小さいほど、急性肝炎の症状は軽いかあるいは症状がはっきりしない一方、ウイルスがそのまま潜んでしまう持続感染となりやすいことが知られています。
     

  3. ポリオ

    四種混合ワクチンの接種で予防できます。「小児まひ」と呼ばれ、日本でも1960年代前半までは流行を繰り返していました。現在は、予防接種の効果で、国内での自然感染は報告されていません。しかし、現在でもインド、アフリカなどではポリオの流行があることから、これらの地域で日本人がポリオに感染したり、日本にポリオウイルスが入ってくる可能性があります。ポリオウイルスは、ヒトからヒトへ感染します。感染したヒトの便中に排泄されたウイルスが、口から入りのど又は腸に感染します。感染したウイルスは3~35日(平均7~14日)腸の中で増えます。しかし、ほとんどの場合は症状が出ず、一生抵抗力(免疫)が得られます。症状が出る場合、ウイルスが血液を介して脳・脊髄へ感染し、麻痺をおこすことがあります。感染した100人中5~10人は、カゼ様症状を呈し、発熱・頭痛・嘔吐が現れます。また、1,000人に1人の確率で麻痺を起こすことがあります。一部の人にはその麻痺が永久に残ります。呼吸困難により死亡することもあります。

     

  4. ジフテリア

    四種混合ワクチンの接種で予防できます。

    ジフテリア菌の飛沫感染でおこります。

    現在では患者発生数は年間0~1名程度です。しかし、ジフテリアは感染しても10%程度の人に症状が出るだけで、残りの人は症状が出ない保菌者となり、その人を通じて感染することもあります。

    症状は、高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、嘔吐などで、偽膜という膜ができて窒息死することもあります。

     

  5. 百日せき

    四種混合ワクチンの接種で予防できます。

    百日せき菌の飛沫感染でおこります。

    百日せきは、普通のカゼのような症状ではじまります。続いてせきがひどくなり、顔を真っ赤にして連続的にせき込むようになります。

    せきのあと急に息を吸い込むので、笛をふくような音が出ます。熱は通常出ません。

    乳幼児はせきで呼吸ができず、くちびるが青くなったり(チアノーゼ)けいれんがおきることがあります。肺炎や脳症などの重い合併症をおこします。乳児では命を落とすこともあります。

     

  6. 破傷風

    四種混合ワクチンの接種で予防できます。

    破傷風菌はヒトからヒトへ感染するのではなく、土の中にいる菌が傷口からヒトの体内に入ることによって感染します。

    口が開かなくなったり、けいれんを起こしたり、死亡することもある病気です。

    患者の半数は、本人や周りの人も気づかない程度の軽い刺し傷が原因です。土中に菌がいるため、感染する機会は常にあります。

     

  7. 麻しん(はしか)

    麻しんウイルスの空気感染によって起こります。感染力が強く、予防接種を受けないと、多くの人がかかる病気です。

    発熱、せき、鼻汁、めやに、発疹を主症状とします。最初3~4日間は38℃前後の熱で、一時おさまりかけたかと思うと、また39~40℃の高熱と発疹がでます。高熱は3~4日で解熱し、次第に発疹も消失します。しばらく色素沈着が残ります。

    気管支炎や肺炎、中耳炎、脳炎などを合併することがあります。

     

  8. 風しん(三日ばしか)

    風しんウイルスの飛沫感染によって起こります。

    潜伏期間は2~3週間で、軽い風邪症状ではじまり、発疹、発熱、後頸部リンパ節腫脹などが主症状です。そのほか、眼球結膜の充血もみられます。

    発疹も熱も約3日で治るので、「三日ばしか」と呼ばれることがあります。

    合併症として関節炎、血小板減少性紫斑病、脳炎などが報告されています。

    妊婦が妊娠早期にかかると、先天性風疹症候群と呼ばれる病気により、心臓病、白内障、聴力障害などの障害を持った児が生まれる可能性が高くなります。

     

  9. 日本脳炎

    日本脳炎ウイルスの感染でおこります。
    ヒトから直接ではなく、ブタなどの体内で増えたウイルスが蚊によって媒介され感染します。7~10日の潜伏期の後、高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなどの症状を示す急性脳炎になります。
    感染者のうち1,000~5,000人に1人が脳炎を発症します。脳炎のほか、髄膜炎や夏かぜ様の症状で終わる人もいます。脳炎にかかったときの死亡率は約15%ですが、神経の後遺症を残す人が約50%います。
     

  10. 水痘
    水痘帯状疱疹ウイルスの感染でおこります。
    空気・飛沫感染、接触感染でによって起こり、潜伏期間は10~21日、発症の2日前くらいから感染力を持つとされています。
    発疹、発熱(熱がない場合や、高熱が出る場合もあります)、体のだるさが主な症状です。成人では、発疹が他の症状に1~2日遅れて出ることがあります。
    発疹は紅斑として始まり、少しふくらんだような丘疹を経て水泡となり、かさぶた化します。発疹は全身性ですが、体幹や顔面に多く、手足には少ない傾向があります。肺炎や無菌性髄膜炎、脳炎などを合併し、重症化することもあります。  

以下の情報も関連がありそうです



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
健康こども部 中央保健センター
電話0857-20-3191
FAX0857-20-3199
メールアドレスhokencenter@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)