鳥取市

ツキノワグマに注意登録日:

ツキノワグマの出没注意

 令和2年5月21日午後、鳥取市浜坂の市道において、ツキノワグマを目撃したという情報が寄せられました。市道を車で西方向に走行中、対向車線を歩いてきたクマが市道脇の林の中へ向かう姿を目撃したものです。(鳥取砂丘西側休憩舎から西へ約70m地点)

 今年度クマの目撃、出没情報が増えております。山へお出かけをされます際は、十分ご注意ください。

クマとの遭遇を回避するには

  • 入山時は複数人で行動する。
  • 早朝や夕方の薄暗い時間帯はクマの活動が活発です。極力複数で行動し、鈴やラジオ等を鳴らし、音を出し人の存在を知らせる。
  • 果樹等の守る対象を電気柵で囲う。
  • カキやクリは早めに収穫する。収穫予定の無いものは除去する。
  • 生ゴミ、不要となった農作物、果実は家の外に置かない。畑に捨てない。
  • キャンプや登山などで出たゴミ、山野にある墓地のお供えものなどは、必ず持ち帰ってください。
  • 集落や農地の周辺、川沿い等にクマの住みやすい藪や茂みのある場合は、除去すると効果的です。

万一、クマと出会ってしまったら 

  • 遠くにいる場合は、そっと立ち去ってください。
  • 近くにいる場合は、急に大声を出したり、ものを投げたりするとクマが興奮して危険です。クマは逃げるものを追う習性があり、落ち着いて騒がず、走らず、ゆっくり後退してください。
  • 子グマを見ても、決して近づいてはいけません。近くに母グマがいると考えられ危険です。
  • 山中で、糞や足跡、クマ棚、クマ剥ぎ等の痕跡を見つけたら、その場を早々に立ち去るなど細心の注意が必要です。

 参考
・鳥取県リーフレット「人とツキノワグマとの共存を目指して」
http://www.pref.tottori.lg.jp/269863.htm
・環境省作成マニュアル及びパンフレット等
http://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort12/effort12.html

農林水産省作成リーフレット

・クマ用電気柵の設置について

クマの目撃情報について 

 クマを目撃した場合や痕跡を見つけた場合は、市役所農政企画課、各総合支所産業建設課又は最寄りの警察署に通報してください。

このページに関するお問い合わせ先

農林水産部 農政企画課 鳥獣対策係
電話番号:0857-30-8303
FAX番号:0857-20-3947

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?