鳥取市

印鑑登録の手続き(登録・変更・再交付・廃止)登録日:

印鑑の新規登録

印鑑登録のできる人

  • 鳥取市に住民登録をされている人
    ※15歳未満の人、意思能力を有しない人は登録できません。

登録できる印鑑について

登録できる印鑑は、サイズ・材質等に制限があります。

登録できる印鑑

(1)住民票に記録されている氏名、氏もしくは名を表したもの
  ※住民票に旧姓(旧氏)を併記する手続きをされた方は、旧氏を表す印鑑を登録することもできます。
   旧姓(旧氏)併記については、下記のリンクをご覧ください。
   →住民票・マイナンバーカード等への旧姓(旧氏)の併記について

(2)印影の大きさが一辺の長さ8mmの正方形に収まらないで、一辺の長さ25mmの正方形に収まるもの

登録できない印鑑

(1)文字が白抜きのもの

(2)印影が不鮮明なもの

(3)文字の判読が困難なもの

(4)縁の1/3以上が欠けているもの

(5)ゴム印・合成印などの印鑑で、変わりやすい材質のもの

(6)同一世帯員によってすでに登録されているもの

(7)著しく摩滅、き損しているもの

(8)氏名以外の職業、住所等別の事項を併せて表示したもの(「之印」・「之章」・「印」等は登録できます。)

(9)絵柄等の装飾があるもの

(10)指輪印等の印章以外の用途を有する形状のもの

印鑑登録の方法

印鑑登録は、本人の申請が原則です。ただし、病気その他やむを得ない場合は、代理人により申請することもできます。

方式

手続きをする人

手続きにかかる日数

身分証明書方式

本人

即日

保証人方式

本人

即日

文書照会方式

本人

数日
(3~4開庁日)
代理人

1.身分証明書方式

(1)印鑑登録したい本人が手続きにお越しください。( ⇒申請窓口

(2)その際には、登録したい印鑑と、官公署が発行した顔写真付きの身分証明書を持参してください。
  ※官公署が発行した顔写真付きの身分証明書 → 運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、在留カード等

2.保証人方式

(1)印鑑登録申請書の裏面(保証書)に、保証人の署名と実印の押印をしたものをご準備ください。
  ※保証人になれる人…鳥取市に印鑑登録をしている人
 
(2)印鑑登録したい本人が手続きにお越しください。( ⇒申請窓口
   その際には、上記(1)の保証書と登録したい印鑑、および本人確認できるもの(健康保険証、年金手帳等)を持参してください。

3.文書照会方式

(1)登録したい印鑑と、窓口に来られる方の本人確認できるもの(健康保険証、年金手帳等)を持参して、
      手続きにお越しください。( ⇒申請窓口

(2)登録申請後、印鑑登録したい本人の自宅に、照会書(回答書付き)を郵送します。

(3)照会書が届いたら、回答書に、署名や必要事項の記入・登録したい印鑑の押印をしてください。

(4)申請した日から14日以内に、回答書・窓口に来られる方の本人確認できるものを、(1)で申請した窓口に持参してください。
  ※代理人が手続きに来られる場合は、(1)の申請時に、登録したい本人からの委任状も必要です。
  ⇒委任状ダウンロード(Word/36KB)(PDFはこちら

申請窓口

手数料

  • 無料

印鑑登録の変更

印鑑登録の変更は、本人の申請が原則です。ただし、病気その他やむを得ない場合は、代理人により申請することもできます。 

方式

手続きをする人

手続きにかかる日数

身分証明書方式

本人

即日

保証人方式

本人

即日

文書照会方式

本人

数日
(3~4開庁日)
代理人

1.身分証明書方式

(1)印鑑登録の変更をしたい本人が手続きにお越しください。( ⇒申請窓口

(2)その際には、登録している印鑑と印鑑登録証、新しく登録したい印鑑、および官公署が発行した顔写真付きの身分証明書を持参してください。
   (紛失等により、登録している印鑑や印鑑登録証を準備できない場合は、窓口でお伝えください。)
  ※官公署が発行した顔写真付きの身分証明書 → 運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、在留カード等

2.保証人方式

(1)印鑑登録申請書の裏面(保証書)に、保証人の署名と実印の押印をしたものをご準備ください。
  ※保証人になれる人…鳥取市に印鑑登録をしている人
 
(2)印鑑登録したい本人が手続きにお越しください。( ⇒申請窓口
  その際には、上記(1)の保証書、登録している印鑑と印鑑登録証、新しく登録したい印鑑、および本人確認できるもの(健康保険証、年金手帳等)
  を持参してください。
    (紛失等により、登録している印鑑や印鑑登録証が準備できない場合は、窓口でお伝えください。)

3.文書照会方式

(1)登録している印鑑と印鑑登録証、新しく登録したい印鑑、および窓口に来られる方の本人確認できるもの(健康保険証、年金手帳等)を持参し
   て、手続きにお越しください。( ⇒申請窓口
  (紛失等により、登録している印鑑や印鑑登録証が準備できない場合は、窓口でお伝えください。)

(2)登録変更申請後、印鑑登録の変更をしたい本人の自宅に、照会書(回答書付き)を郵送します。

(3)照会書が届いたら、回答書に、署名や必要事項の記入・新しく登録したい印鑑の押印をしてください。

(4)申請した日から14日以内に、回答書・窓口に来られる方の本人確認できるものを、(1)で申請した窓口に持参してください。
 ※代理人が手続きに来られる場合は、(1)の申請時に、登録の変更をしたい本人からの委任状も必要です。
    ⇒委任状ダウンロード(Word/36KB)(PDFはこちら

申請窓口

手数料

  • 無料

印鑑登録証の再交付

印鑑登録証が著しく汚れたり破れたりして使うことができない場合や、登録証を紛失した場合などには、印鑑登録証の再交付を受けることができます。

印鑑登録証の再交付方法

印鑑登録証の再交付は、本人の申請が原則です。ただし、病気その他やむを得ない場合は、代理人により申請することもできます。

方式

手続きをする人

手続きにかかる日数

身分証明書方式

本人

即日

保証人方式

本人

即日

文書照会方式

本人

数日
(3~4開庁日)
代理人

1.身分証明書方式

(1)印鑑登録証の再交付をしたい本人が手続きにお越しください。( ⇒申請窓口

(2)その際には、登録している印鑑と印鑑登録証、官公署が発行した顔写真付きの身分証明書を持参してください。
     (紛失等により印鑑登録証が準備できない場合は、窓口でお伝えください。)
  ※官公署が発行した顔写真付きの身分証明書 → 運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、在留カード等

2.保証人方式

(1)印鑑登録申請書の裏面(保証書)に、保証人の署名と実印の押印をしたものをご準備ください。
 ※保証人になれる人…鳥取市に印鑑登録をしている人
 
(2)印鑑登録証の再交付をしたい本人が手続きにお越しください。( ⇒申請窓口
  その際には、上記(1)の保証書、登録している印鑑と印鑑登録証、および本人確認できるもの(健康保険証、年金手帳等)を持参してください。
 (紛失等により印鑑登録証が準備できない場合は、窓口でお伝えください。)

3.文書照会方式

(1)登録している印鑑と印鑑登録証、および窓口に来られる方の本人確認できるもの(健康保険証、年金手帳等)を持参して、
     手続きにお越しください。( ⇒申請窓口
  (紛失等により印鑑登録証が準備できない場合は、窓口でお伝えください。)

(2)登録証の再交付申請後、再交付したい本人の自宅に、照会書(回答書付き)を郵送します。

(3)照会書が届いたら、回答書に、署名や必要事項の記入・登録している印鑑の押印をしてください。

(4)申請した日から14日以内に、回答書・窓口に来られる方の本人確認できるものを、(1)で申請した窓口に持参してください。
 ※代理人が手続きに来られる場合は、(1)の申請時に、登録証の再交付をしたい本人からの委任状も必要です。
    ⇒委任状ダウンロード(Word/36KB)(PDFはこちら

申請窓口

手数料

  • 1件につき300円

印鑑登録の廃止

印鑑登録の廃止方法

印鑑登録の廃止は、本人の申請が原則です。ただし、病気その他やむを得ない場合は、代理人により申請することもできます。

方式

手続きをする人

手続きにかかる日数

身分証明書方式

本人

即日

保証人方式

本人

即日

文書照会方式

本人

数日
(3~4開庁日)
代理人

1.身分証明書方式

(1)印鑑登録の廃止をしたい本人が手続きにお越しください。( ⇒申請窓口

(2)その際には、登録している印鑑と印鑑登録証、および官公署が発行した顔写真付きの身分証明書を持参してください。
 (紛失等により、登録している印鑑や印鑑登録証を準備できない場合は、窓口でお伝えください。)
 ※官公署が発行した顔写真付きの身分証明書 → 運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、在留カード等

2.保証人方式

(1)印鑑登録申請書の裏面(保証書)に、保証人の署名と実印の押印をしたものをご準備ください。
 ※保証人になれる人…鳥取市に印鑑登録をしている人
 
(2)印鑑登録の廃止をしたい本人が手続きにお越しください。( ⇒申請窓口
  その際には、上記(1)の保証書、登録している印鑑と印鑑登録証、および本人確認できるもの(健康保険証、年金手帳等)を持参してください。
  (紛失等により、登録している印鑑や印鑑登録証が準備できない場合は、窓口でお伝えください。)

3.文書照会方式

(1)登録している印鑑と印鑑登録証、および窓口に来られる方の本人確認できるもの(健康保険証、年金手帳等)を持参して、
     手続きにお越しください。( ⇒申請
  (紛失等により、登録している印鑑や印鑑登録証が準備できない場合は、窓口でお伝えください。)

(2)登録廃止申請後、印鑑登録の廃止をしたい本人の自宅に、照会書(回答書付き)を郵送します。

(3)照会書が届いたら、回答書に、署名や必要事項の記入・登録している印鑑の押印をしてください。

(4)申請した日から14日以内に、回答書・窓口に来られる方の本人確認できるものを、(1)で申請した窓口に持参してください。
 ※代理人が手続きに来られる場合は、(1)の申請時に、登録の廃止をしたい本人からの委任状も必要です。
    ⇒委任状ダウンロード(Word/36KB)(PDFはこちら

申請窓口

手数料

  • 無料

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部 市民課
電話番号:0857-22-8111
FAX番号:0857-20-3909

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?