鳥取市

戸籍謄抄本・戸籍の附票・身分証明書の窓口での請求について更新日:

戸籍謄抄本、戸籍の附票の請求

戸籍の謄本若しくは抄本又は磁気ディスクをもって調製された戸籍に記録されている事項の全部若しくは一部を証明した書面(以下「戸籍の謄抄本」)が必要な場合は、本籍のある市区町村に直接請求していただくことになります。

本籍は、住民登録とは別のものですので、住所を移したとしても本籍がいっしょに移ることはありません。戸籍の謄抄本が必要な方の本籍地を必ず確認してください。

本籍地が鳥取市の場合は、本市の窓口で以下のように戸籍謄抄本または戸籍の附票の請求をしてください。

請求できる人

  • 本人
  • 配偶者
  • 直系尊属(父母、祖父母等)
  • 直系卑属(子、孫等)

※上記以外の方が請求する場合は、委任状(PDFはこちら)が必要です。

注意事項

鳥取湖山北郵便局及び宝木郵便局では、窓口に来られた方ご本人又は同一戸籍の謄抄本しか取り扱っておりません。
代理人の方などの場合はその他の窓口へお越しください。

請求時に必要なもの

  • 窓口に来られる方の本人確認ができるもの (運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等。詳しくはこちら⇒本人確認
※本人等(本人又はその配偶者、直系尊属若しくは直系卑属)以外の代理人が請求する場合は、委任状(PDFはこちら)が必要です。
※戸籍謄抄本等の請求書及び委任状の様式は、各窓口に設置してあります。また、様式をダウンロードすることもできますので、必要事項を
 ご記入の上(委任状は必ず本人が記入してください)、窓口までお持ちください。
  (請求書のダウンロードはこちら⇒「市民課申請書等ダウンロードサービスのご案内」)

請求窓口

戸籍謄抄本または戸籍の附票が必要な方は、次の窓口で請求してください。
(窓口によって、受付時間や業務内容が異なります。次の各窓口名をクリックして内容をご確認ください。)

手数料

  • 戸籍の謄抄本:1通450円
  • 除籍の謄抄本(改製原戸籍を含む):1通750円
  • 戸籍の附票:1通300円

身分証明書の請求

禁治産・準禁治産の宣告の通知、後見の登記、破産宣告の通知を受けていないことを証明するものです。
身分証明書は、本籍のある市区町村に直接請求していただくことになります。
本籍地が鳥取市の場合は、本市の窓口で以下のように請求をしてください。

請求できる人

  • 本人

※本人以外の方が請求する場合は、委任状(PDFはこちら)が必要です。

請求時に必要なもの

  • 窓口に来られる方の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポート等。詳しくはこちら⇒本人確認
※本人以外の方が請求する場合は、委任状(PDFはこちら)が必要です。
※身分証明書の請求書及び委任状の様式は、各窓口に設置してあります。また、様式をダウンロードすることもできますので、必要事項をご記入
 の上(委任状は必ず本人が記入してください)、窓口までお持ちください。
  (請求書のダウンロードはこちら⇒「市民課申請書等ダウンロードサービスのご案内」)

請求窓口

身分証明書が必要な方は、次の窓口で請求してください。
(窓口によって、受付時間が異なります。次の各窓口名をクリックして内容をご確認ください。)

手数料

  • 1通につき300円

こんなときはどうすればいいの?

1 戸籍の謄本と抄本の違いは?

戸籍の全部事項証明(戸籍の謄本)は、同一戸籍の全員が記載されたものです。
戸籍の個人事項証明(戸籍の抄本)は、戸籍内の一部の方(個人)についてのみ発行するものです。

手続きに必要なものが、戸籍全員のものなのか個人のものなのかを確認してからご請求ください。

2 除籍謄本が必要といわれましたが?

戸籍は基本的に夫婦とその子どもが1つの戸籍に記載されています。しかし、子どもが結婚したときには、夫婦で新しい戸籍を作るので親の戸籍から除かれます。また、死亡した場合も戸籍から除かれます。このように、戸籍の中から除かれる場合を『除籍になる』といいます。

同一戸籍内の全員が除籍された場合、その謄本は除籍謄本、抄本は除籍抄本といいます。

除籍謄抄本についても、戸籍に記載されている本人又はその配偶者、直系尊属若しくは直系卑属が請求することができ、それ以外の人が請求する場合には委任状が必要です。また、手数料は1通750円です。

3 死亡した方の生まれてから死ぬまでの戸籍が必要といわれましたが?

戸籍は基本的に夫婦とその子どもが1つの戸籍に記載されています。結婚するまでは親の戸籍に、結婚してからは夫婦の戸籍に記載されているのが一般的です。

しかし、戸籍は記載内容の整理や、近年の電算化への対応などの理由で何度か改製されています。
そのため、同一の戸籍でも改製前と改製後の2種類に分かれる場合があります。

「生まれてから死ぬまでの戸籍」の場合は、現在の戸籍以外にもこの改製原戸籍(改製する前の戸籍)を請求していただくこととなる場合がありますが、何通になるかはその人によって異なります。
また、改製の時期は市区町村で異なる場合があります。

詳しくは本籍地の市区町村の窓口でお尋ねください。

なお、改製原戸籍謄抄本についても、戸籍に記載されている本人又はその配偶者、直系尊属若しくは直系卑属が請求でき、それ以外の人が請求する場合には委任状が必要です。また、手数料は1通750円です。

4 鳥取市に本籍がありますが、現在遠方に住んでいるため窓口まで行くことができません。戸籍謄抄本をどうやって手に入れればいいでしょう。

ア 代理人に窓口で請求してもらう。

戸籍謄抄本は、本人以外に、配偶者や直系尊属(父母、祖父母等)、直系卑属(子、孫)の方がご請求いただけます。また、本人からの委任状をもって、代理人の方に窓口にきていただく方法もあります。

イ 本人が郵便で請求する。

本人から郵便で直接請求していただく方法もあります。
この場合は、必要な戸籍の種類を明記し、本人確認書類の写しや手数料(郵便小為替)、返信用封筒(切手貼付)を同封して、鳥取市役所まで送っていただくことになります。

※詳しくはこちらのページをご確認ください⇒戸籍謄抄本の郵便請求について

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部 市民課
電話番号:0857-22-8111
FAX番号:0857-20-3909

ぜひアンケートにご協力ください

Q1. このページの内容は参考になりましたか?
Q2. このページの内容はわかりやすかったですか?
Q3. このページは見つけやすかったですか?
Q4. このページはどのようにしてたどり着きましたか?